FC2ブログ
  • プロフィール

    山口一道

    Author:山口一道
    山口経営コンサルタント事務所 代表
    YMCグループ 代表理事

    長崎大学経済学部卒
    経営コンサルタント業歴35年
    リーダーシップをはじめ幅広いテーマに対応 
    リーダーのあり方に警鐘を鳴らし、若手経営者の育成に力を注いでいます。

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード
  • FC2カウンター


2014/02/01(Sat)

(No.248) 全てに成功するヴィゴラス脳に至るステップとは? (2/4)

前回は「思考と感情とイメージ」の3つを全てプラスにするには、具体的にどうすれば良いのか?について述べてきました。今回はそこから一歩進めて、脳をヴィゴラスにするには一体どの様なステップで実践すれば良いのか?ヴィゴラス脳の完成には具体的にどんな手順が必要なのか?について述べていきたいと思います。
 
下記のようにステップ1からステップ7まで整理してまとめてみました。
 
【ステップ1】 将来にぜひ実現したい状態、つまり目標を立てる(思い思考する)ことがスタート
 になります。達成イメージとすでに実現した状態を、何度も繰り返し繰り返しイメージ想像するこ
 とです。
 
  イメージとは画像のことです。上手く行く画像が鮮明であればあるほど、脳は「できる」と勘違い
してくれるのです。脳の錯覚現象を利用するのです。注意すべき点は「○○したい」「○○しちゃいけない」と思えば思うほど逆に不安が増幅しイライラして逆の結果になってしまいますから「○○したい」ではなく「絶対俺は(私は)○○ができる」という可能思考の心を持つことです
 
できれば感情を込めて、すでに達成できた状態を現在完了形で思うことです。イメージがになり脳裏に浮かぶまで続けることです。成功が実現するまで、ことある毎にイメージをし続けることです
 
前回に触れました「思考と感情とイメージ」の3つを全てプラスにする行為のことです。「思考と感情とイメージ」の3つは一つでも欠けてはいけません。三位一体の関係性を持っているからです。
 
これらの作業は本人自身が意識しながら実在意識で行なっていきます。この後のステップは意識しなくても潜在意識が働き自動的に進みますから、別に取り立てての作業は必要ありません。だからこのステップ1が一番重要になります。ここまでが上手く実践できて習慣化してきますと、もう半分以上完成したのも同じであると言っても過言ではないと思います
 
しかし、あまりにも簡単過ぎて無視している人がほとんどであり、実践しない人が多い様です。何十人何百人という従業員のトップに立って組織を引っ張っていく社長ですら、脳を上手く使って仕事をしている人は驚くほど少ないのが現状なのです。
 
一般的にプラス思考やプラスイメージが大事であることは、皆さん分かっておられるのですが、それを真のパワーに変えるプラス感情をつくることが欠けていたのです。成功を空想するだけで終わっていたのです。つまり本当のプラス思考(三位一体のこと)にならない限り、脳をうまく騙すことができないので、ヴィゴラス脳は作れないし、あるいは一時的に上手くいっても最強のヴィゴラス状態を長くは維持できないからなのです。
 
その理由は「心で思う思考が人生の一切を創る」という「心の法則」をご存じないからでしょう。人格・環境・健康・業績・成功・運命・人生これらすべての項目は思いから発生していくのです。「思い(思考)こそが、人生を変える秘訣」なのです。費用やお金なんかは一切ゼロで不要であります。  

  「ヴィゴラスは 思考感情 イメージを 全てプラスに スイッチオンだ」  
これが基本原則です。
 
思考と感情とイメージのそれぞれは
思考とは 前向きプラス 積極で 全て肯定 可能思考だ」       「思考の五則」です。           
   感情は 嬉しい楽し ありがたい 常にプラスで 歓喜と感謝」     感情は陽性感情です。       
イメージは 想像力で 創造す 感情こめて 絵が浮かぶまで」   イメージの限界が能力の限界です。   
 
【ステップ2】 脳の錯覚現象の利用の結果「好き嫌いの脳」である扁桃核(と評価する)になり、
 喜びと歓喜の感情が発生します。同時にその思いが潜在意識にインプットされます。この扁桃核は脳
 をヴィゴラスにするスイッチの役割をします。この扁桃核不快のどちらにするか否かで結果が
 異なって行くのです。そしてその感情は自動的に「生命の脳」である脳幹に伝えられます。
           
【ステップ3】 その感情脳幹に伝わり、脳幹がホルモンであるドーパミンベータエンドルフィン
 を分泌します。と同時に脳波はアルファ波が発生しています。アルファ波とは8~14ヘルツでリラ
 ックス時の脳波のことで、持てる能力を最大限に発揮すると言われています。
 
  参考のために、その反対であるストレスや緊張したり不安だったり、イライラ・カリカリ・カッカす
るとベータ波(14~40ヘルツ)が発生します。その時にはコルチゾールというホルモンが発生しています。
 
【ステップ4】 これでヴィゴラス脳の完成です。超プラス思考人間の完成になります。
 
「脳を変え 条件づけを するだけだ ヴィゴラス脳は すごく簡単」
「超プラス 思考人間 ぜひ目指せ ヴィゴラス状の 脳になるはず」 なのです。
 
とても手軽で簡単ですから是非皆さんチャレンジしてみて下さい。次回では、完成した後の行程やその他の大切な事柄を示して行きたいと思います。
 
(次回に続きます)

Home | Category : 人間学 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
Home Home | Top Top