FC2ブログ
  • プロフィール

    山口一道

    Author:山口一道
    山口経営コンサルタント事務所 代表
    YMCグループ 代表理事

    長崎大学経済学部卒
    経営コンサルタント業歴35年
    リーダーシップをはじめ幅広いテーマに対応 
    リーダーのあり方に警鐘を鳴らし、若手経営者の育成に力を注いでいます。

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード
  • FC2カウンター


2014/08/02(Sat)

(No.274) その日暮らし経営 から脱却せよ 

  「自分の会社を変える(改革・変革・革新)必要があると思いますか?」との質問に、あなたならどう答えるでしょうか。きっと多くのトップリーダーは「変える必要があります」と答えることでしょう。しかし現実はどうでしょうか。必要性を感じているが変えられないでいるのではないでしょうか?
 
現状を変えるには、経営の短期的成果長期的成果のバランスをとり、融合することが重要となります。短期的成果とは、会社全体や部門の目標や業績などを達成するための日常業務です。
 
  一方、長期的成果とは、組織や会社全体の将来に向けたあるべき姿、方向性の明確化であり、経営計画・ビジョン方針になります。この2つを融合することがトップリーダー・経営者の最も大切な仕事であります。
 
しかし「悪貨は良貨を駆逐する」と言われるのと同様に「短期的成果は長期的成果を駆逐する」ものです。その理由は日常業務に忙殺され、ビジョンや方針がなければ経営が首尾一貫しないからです。短期的成果は感情に流されやすく、目先重視で場当たり的な「その日暮らし経営」となり、経営体質の強化もできず、社員のモチベーションや帰属意識を高めることもできないからです
 
業績が悪化して「その日暮らし経営」になっている経営者の話をお伺いすると、決まって次のような言葉が出てきます。「将来について考えることの必要性は感じています。しかし今は、目の前の仕事が忙しく時間がありません。その時が来たら考えます」と。恐らく、この思考や姿勢では、いよいよ会社が崖っぷちに追い込まれるまでは「その時」が来ることはないでしょう。
 
その日暮らし経営」から脱出し脱却するためには、トップリーダー自らが「経営の根幹・つまり経営理念・グランドデザイン(全体構想)・それに基づいた戦略・戦術」を描くことが必要です。
 
そのためのポイントを考えてみますと、以下のような点があげられるでしょう。
 
①現状がどうなっていて、課題は何か?(現状の正確な認識
②将来どの様になりたいのか?(あるべき姿・ビジョン・方針
③そのためには、どの様なことをすれば実現できるのか(ステップを描く、成長ストーリーや戦略を描く
④それを実現したら何が得られるのか?(結果のフィードバック
⑤幹部を巻き込み、変革の当事者とする(参加型マネジメント)などであります。

 実行する最大の鍵は、すぐに取りかかることです。「いつか、そのうち」と思っている限り実行はできません。未来をこの手につかむのは「今この時」です。「その日暮らし経営」から脱却するために、さあ今すぐ始めましょう。
Home | Category : 経営学 |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top