FC2ブログ
  • プロフィール

    山口一道

    Author:山口一道
    山口経営コンサルタント事務所 代表
    YMCグループ 代表理事
    一般社団法人アジアビジネス連携協議会(ABC) 顧問

    長崎大学経済学部卒
    経営コンサルタント業歴35年超
    人間学・経営学など幅広いテーマに対応 
    リーダーのあり方に警鐘を鳴らし、若手経営者の育成に力を注いでいます。

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード
  • FC2カウンター


2014/11/01(Sat)

(No.287) リーダーよ君子の道を進め (1/4)

  「君子の道」について考えていきたいと思います。
 
  この頃の日本には自分の利益を最優先にし、他人の気持ちを顧みない様な考えの人が増えているのではと感じています。しかし、それでいかに高い地位を得てお金を儲け、欲望を満たし周囲からもてはやされたとしても、それは金銭でつながっている関係でしかありません。誰からも真の尊敬は得られないでしょうし、むしろ心の中ではさげすまされているかも知れません。
 
個人的な生き方を追求する人を、孔子は「小人」(ショウジン)と呼びました。その様な小人が増えれば増えるだけ社会の秩序は乱れ、人と人との交わりは希薄になっていきます。その先にあるのは、自らが暮らす国や地域の衰退でしょう。自らが拠って立つ場所がやせ衰えてしまえば、物質的豊かさなどは一度で吹き飛んでしまうでしょう。そうでなくても全国各地で地域の衰退崩壊が盛んに叫ばれています。その結果、国や地域を挙げて今後の日本をいかにするかの議論が活発になっています。
 
  今、私達に求められているのは、人間としての原点に立ち返り、自分が何のために生まれてきたのか、何のためにここに存在しているのかを見つめ直すことが必要でしょう。真に自らの役割に目覚めたとき、私達の生き方は必ず変わっていくと思います。
 
  毎日が意義有るものに感じられ、心が充実感で常に満たされることでしょう。志を共有する善き人々との出会いに恵まれ、楽しい時間を共に過ごすことができるでしょう。それが「君子」として生きることではないかと考えています。「小人の道」を捨て「君子の道」に生きるところに人間としての真の豊かさが生まれてくるのではないでしょうか。
 
ではどうすれば「君子の道」を歩き出すことができるのかについて、考えていきたいと思います。
 
まず中国古典の原点と言われる「小学」「大学」「中学」について簡単に触れてみたいと思います。
小学」とは、本来小学生ぐらいの年齢の時に読んでおかなくてはいけない本です。「修己修身」の学と言われ一般の人が自らの身を修めるために学ぶべき基本的な事柄が書かれています。
 
  平成26年度から全ての小中学生、約1000万人に「私たちの道徳」という教材を配り教科化へ向けて審議が続けられています。将来、学校教育の現場で「道徳」の科目が一層推進される様ですが妥当な判断ではないかと思います。1945年の終戦までは、「修身」という名で教科書があり、尋常小学校で全国民が学んだ学科学問でありました。
 
次の「大学」には、人の上に立つ人、つまり指導者が学ぶべき心得が書かれています。自らを修め、人を治める人物になるための事柄が書かれているため「修己治人」の学と呼ばれています。現在の指導者はこの様な学に触れることなく地位についている方が大多数ではないでしょうか?
 
三つ目の「中学」というのは、調和の学であり創造の学と言われます。書物名は「中庸」といいます。内容は経営者やトップリーダーが学ぶべき学と言って良いと思います。西洋で発達進化してきた経営に関する学問は多岐にわたりますが、本質をついた経営学に触れることなく経営者になっている人が多いのではないでしょうか?
 
皆さんがご存じの「論語」は、この「小学・大学・中学」の三つの内容を網羅したものと考えて良いと思います。これらをひっくるめて「人間学」と呼ばれています。君子を目指すための学問、それが人間学であり、君子になるための道が説かれているのです。参考のために君子とは?小人とは?について。
 
君子とは 他己中心で 大志もち 人を敬愛 幸せにする」     利己より他己の人
君子とは 徳が大きく 才よりも 利他の実践 喜他の人なり」  自利より利他・喜他の人
 
小人は 自己中心で 私利私欲 損得のみで 自分勝手だ」   目先のみ自分のみ損得のみの三拍子
小人は 徳が小さく 才多し 才知才弁 才能の人」  現代は才知才弁才能が第一等の資質の様に思われています。本と末に分ければ才は末で、本は徳になります。残念ですが・・・   
 
特徴だけを述べれば、この様になるのではないかと思います。
 
(次回に続きます)
Home | Category : 人間学 |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top