• プロフィール

    山口一道

    Author:山口一道
    山口経営コンサルタント事務所 代表
    YMCグループ 代表理事

    長崎大学経済学部卒
    経営コンサルタント業歴35年
    リーダーシップをはじめ幅広いテーマに対応 
    リーダーのあり方に警鐘を鳴らし、若手経営者の育成に力を注いでいます。

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード
  • FC2カウンター


2015/04/04(Sat)

(No.309) 固定観念を打破し新価値観へ変革させよ (2/4)

【3】【従来の価値観である】知識一辺倒・知識至上主義・金銭至上主義であり、欧米風・欧米主義に染まり過ぎてきました。アメリカのスタイルを日本にそのまま持ち込めば成功する、お金や知識で人間は動かせるという誤った価値観が蔓延してしまいました。
 
しかし、日本人は本来金銭的なインセンティブ刺激だけで動く国民ではありません。この点は世界に誇るべき思想だったのです。しかし現代はその良さが無くなってしまった様な気が致します。
       
知識一辺倒・知識至上主義から見識・胆識重視主義へ転換させましょう。(見識胆識については、当経営コラムNo41をご参照下さい)戦後、知識さえ詰め込めば、将来幸福になれるという幻想が学歴主義・成績至上主義を蔓延させました。戦後教育行政の失政になるでしょう。70年経った結果は無惨であります。徳性教育を廃止し、人間の精神形成を軽視したからでしょう。
 
1945年(昭和20年)の敗戦終戦後、経済復興を優先したため、時務学(その時代に必要な知識や技術)中心の教育は、仕方のない面もあったのでしょうが・・・。人間の精神強化主義が見捨てられてしまったのです。最近の文部科学省の発表では学習内容や入学試験の制度を数年かけて改定していくと有りましたが、少しずつ改善変化の気配が感じられます。
 
【4】【従来の価値観である】「経営学」(末学・時務学)重視・尊重主義と前述の知識技術テクニック資格の追求のみで、成功すると信じられてきました。知識という、横のベクトルの工夫のみで、経営学中心主義では行き詰まってしまいます。これだけでは「経営理念」や経営姿勢・経営哲学の確立は無理であります。経営の根幹が固まらないからです。
 
  また知識技術資格はすべて人生や仕事の道具に過ぎないのです。いかに立派な道具を揃えていても、使う本人が人間として立派でないと絶対にいい仕事はできないからです
 
従って「経営学」重視主義から「人間学」(本学重視主義へ転換することです。縦のベクトルの工夫になり、自己を深める、根を深く深く掘り下げることが必要です。その結果、自然の樹木と同じ様に自然に上に上にと伸びていきます。人間観・人生観・世界観・死生観・経営観・経営哲学の確立につながって行きます。「経営理念」に到達できるのです。人間の学問として経営に取り組むことです。
 
どこまでもまず、人間をつくれ、それから後が経営であり事業である」と箴言が残されています。社長である前に、一人の人間であることを忘れないことです。社長に就いたら忘れてしまうのでしょうか?人間学・人間力という基本の部ができますと、自然に仕事力もつき、その上にある経営力も向上するようになっているのです。順番を間違うと逆三角形の形になり常に不安定な状態が続きます。「経営学と人間学は車の両輪」であり、どちらかに偏ると前には一歩も前進できないのです。時間を掛けてでもバランスよく力を付けることが必要なのです。
                               
【5】【従来の価値観である】「」(数値)(末学)中心主義。数値は瞬間的で永続を保障しないものであり、常に変化するものです。その結果、売上第一主義・利益第一主義になります。経営手法が、競争の強化・勝負勝敗主義に陥り、何かと常に比較する“相対差の世界”に陥ってしまいました。
              
従って「」(人間性)(本学中心主義への転換をすることです。「」は永続を保障するものです。基本部であり土台ですから、根が深まれば樹木と同じで自然に上に上にと成長でき伸びて行くもので、又、横にも拡がっていくのです。「徳は事業の基(モト)なり」(菜根譚)との重要性が教えられています。
 
ビジネスや日常生活でも、周りの人びとは、数字を見る前に人間性を見て、付き合うか否かを決めているのです。「徳は孤ならず、必ず隣あり」(論語)とあり、徳が有れば必ず良い人材が集まってくるし、すべて上手く通るのですと教えています
 
 要は「」の上で「」を運用することが大切なのです。「徳」の上で「才」を運用しないと、何事も役に立たないということです。「徳」という基本ができていないと、人間関係もうまくいきません。仕事も成功しません。事業経営も成功しないものです。歴史が教えています。才能の「才」は“わずかに”の意味があります。「徳」を合わせて初めて、そのわずかな「才」も生きるということなのです。「才」とは各種の「才能」のことを言います。「」とは、お金を生み出す才能のことを意味しています。
 
人を大切に、人の心を大切に、弱者を大切に、自然との共生、地球を大切に、地球温暖化対策・対応の経営が求められています。地球が傷んでいます。何かと比較しない“絶対差の世界”に価値を見出して競うことです。
 
(次回に続きます)
 
 
 
★ みな様のご意見・ご質問・ご感想をお待ちしております。 yamacon@har.bbiq.jp
 
Home | Category : 人間学 |  Comment  |  Trackback
2015/04/11(Sat)

(No.310) 固定観念を打破し新価値観へ変革させよ (3/4)

【6】【従来の価値観である】西欧アングロサクソン追従主義。20世紀は行き過ぎた金銭資本主義・利益至上主義・金融工学重視でした。汗を流さずに楽して儲ける主義思想でした。2008年9月に行き詰まりを露呈しました。その結果、金融界では破綻が続出しました。リーマンショックと呼ばれました。金融パニックが生じ世界同時経済不況へと突入しました。唯物論のみの無惨な結末でした。
 
唯一、科学技術の進歩は人類に貢献しました。しかしながら一面では部分化・細分化が進展し、専門家は多くなりましたが、「専門的権威と専門的愚昧(簡単に言いますと世間にうとく専門バカに等しい)」と言う皮肉な現象を露呈してしまいました。
                               
ではどう変わって行くのでしょうか?21世紀は東洋的(オリエンタル)思想・東洋哲学への回帰が活発化するでしょう。2500年以上の人類の歴史の篩フルイにかけられているため、真理の本質を突いているからです。我々は復古主義と言う大きな潮目の変化の谷間にいます。精神・心重視論・全体的・統一的・根本的・天や宇宙の神秘的な概念等の東洋の思想への回帰が始まっています。
 
人材資本主義(人のみが本質の資本)や人づくりの大切さに気づきだしました。知識・技術・テクニック・形式知(デジタル化・パソコンその他IT機器・方程式や論理など)重視主義だけでは行き詰まってしまいます。今後は暗黙知の大切さが見直され、現場感性・共通善の思想・公的精神の大切さが重視される時代になるでしょう。社会貢献の起業(ソーシャルビジネスやNPO法人)などが活発になるでしょう。
                                                       
【7】【従来の価値観である】過去オール否定・他者オール否定で新しいものばかりを求めてきました。

  発想転換するためには、過去オール善で肯定することです。次の3点がポイントになります。
絶対必要・・・天に無駄や棄物一切無しで、必要だったからこそ生じたのかと受け止め 
 絶対必然・・・因果の法則があるから生じたのか、そうか必然だったのかと受け止め、因果一如(因即果)と言って表裏一体なんだ、元もと繋がっていたのかと受け入れ
 絶対最善・・・過去はすべて最善でベストであり、ベストであったのだと受け止めることです。
 
次に、他者オール善で肯定することです。①許すこと ②100%求めないこと ③怒らないことです。思考や意識や受け止め方を変えるだけであり、その結果として、人間としての度量が格段に上がっていき、かつ拡がって行くことでしょう
 
万が一、逆境苦境に遭遇したり、陥ったとしても「逆境は神の恩寵的試練である」と思うことです。「艱難辛苦は汝を玉にす」(易経)との教訓もあります。「この体験は人を強くし人を成長させるんだ」「必要・必然・最善でベストなんだ」と心を落ち着かせることです。逆境を乗り越えることです。もともと宇宙には「正負の法則」があり、マイナスの裏にはプラスが、逆にプラスの裏にはマイナスが必ず隠れているのです。プラスマイナスは表裏一体であり二つで一つなのです。自信を持って勇気をふるい出すことです。
 
困難が多いほど人間は成長できるものです。人生は良いときもあれば悪いときもあります。順調ばかりは続かないものです。逆境ばかりでもありません。循環するものです。宇宙万物は常に創造化育・創造変化・創造進化(造化)しています。「諸行無常」と言う様に、万物・森羅万象は無常であり、常ではなく一定でもなく、千変万化しているのです。
 
【8】【従来の価値観である】“現物財”中心主義から“創知財”中心主義へ。        
               
形の見える物を中心とした“現物財”的発想より形の見えない“創知財”への転換のことです。知力や発想力や創造性こそが財産や宝になるからです。ネットワーク社会を応用活用することです。他者との接点にあたる「インターフェイス創造性」を大切にすることです。を活かすこと、単に知っているだけの“知縁”より縁を活かす活用する“活縁”が重要になります。「縁尋機妙」といい、その波動は次から次へと共鳴共振する“共時性”(シンクロニシティ)が働くものです。ビジネスは「共創の時代」に入っています。共創とは複数の人が補完し合って新たな価値を創り出すことを言います。独創や自前主義はとっくに終わりを告げています。脱自前主義に舵を切ることが求められています。 
 
(次回に続きます)
 
 
 
★ みな様のご意見・ご質問・ご感想をお待ちしております。 yamacon@har.bbiq.jp
 
Home | Category : 人間学 |  Comment  |  Trackback
2015/04/18(Sat)

(No.311) 固定観念を打破し新価値観へ変革させよ (4/4)

【9】【従来の価値観である】“ワンマン経営”からの脱却です。一人ではたかがしれています、何もできないものです。一人の限界を早く知ること・気付くことです。ビジネスの世界は一匹狼では成り立たなくなったのです。
                       
そのためには“チーム経営”への転換を図ることです。外部や内部のスタッフを多いに活用することです。自社のスタッフだけでは大したことは出来ないことが多いからです。また、社員は手足であり頭ではありません。中小企業は社長が頭で、社員はほとんどが残念ですが手足に近いのです。命令受領型が多いからです。
 
出資やお金を出しているか否かで判断するなどはもってのほかです。身内でのみ経営陣を固めるなどの考えは、また、もってのほかです。社員でも有能なら抜擢をすることです。何れも可能なのです。経営者とサラリーマンでは、意識と立場が全然違うため、一般的には創造性の発揮は、とてつもなく時間がかかるし無理が多いものです。従って、どうしても創造的機能を発揮する「クリエイティブスタッフ」が必要になります。外にいます。周りにいます。先述のを活かすことです。即、将来の発展が芽生えます。
 
古典に「至るを知りてこれに至る」(易経)とあります。このままの現状で変化しなければ将来が予想できて、着陸点がすでに見えていることを意味しています。また「すでに起こった未来」とも言います。これは、将来の兆候や兆しが既に起きているはずだから、現実を直視して観れば将来が予知できるものだとの意味です。折角のがあって知り合っている周りの優秀な人物を知っていても、そのままで登用も活用もしないのであれば、それはリーダーの恥になりますよと教えています。
                                                       
【10】【従来の価値観である】卒業したらお終いと勉強しない人が多く刹那主義で生きている人が多い様です。学問は学校でするものと考えておられます。とんでもない考え違いで、社会に出てからするものであります。勤勉努力が足りない様です。それも経営者に多い様で困ったものです。また人間を変えるくらいでないと学問とは呼べないのです。
 
この点に関しては、生涯自己啓発・生涯教育・一生勉強の気概を持つことです。「桃栗三年柿八年 達磨は九年 俺は一生学び通す」の気概で臨んで下さい。「言志四録 三学戒」(佐藤一斉)では「(ワカ)くして学べば壮にして為すあり 壮にして学べば老いて衰えず 老いて学べば死して朽ちず」と生涯教育の大切さを教えています。 
 
鉄は錆サビによって鉄を失うもの、人もさび付いていつかは切れなくなる時がきます。よって一人ひとりが“良い砥石”を持つことが必要です。私淑(秘かに学ぶ)もしくは親炙する(じかに触れて学ぶ)人物を持つことが必要になるでしょう。
 
人物を練るには聖賢の書や、愛読書を持つことが最低条件です。人物に学び、歴史に学ぶことです。五十代近くになってからでも勉強を続けて下さい。そうでないと、ただの人で終わります。人間としての資質を高める努力をなおざりにすると、ただの働きバチで終わってしまいます。残念ですが。かく言う私も目下日夜努力中の身であります。
 
また、ビジネスオンリーで突っ走るとダメになります。人生は長い様で短いものの様です。後で後悔するものです。「行年五十にして四九年の非を知る」(准南子エナンジ)と教えています。「吾かつて終日食らわず、終夜寝(イ)ねず、以て思う、益なし。学ぶに如かず」(論語)(寝食を忘れて思索したが、やはり聖賢の教えを学ぶ方が、はるかに益があるとの意味です)
 
六十にして六十化す」(荘子)これは還暦を迎えても常に変化進化造化して進めとの教えです。何歳になっても固まらず海老のように脱皮して自己変革をすることの大切さを教えています。「若さとは肉体年齢のことではなく、心のあり方のこと。人は年齢を重ねたら老いるのではなく、理想や希望や夢を失ったときに初めて老いるのだ」(サミュエル ウルマン)との名文も残っています。
 
  以上長々と10項目について述べて参りましたが、後日、振り返りがし易いように10項目のポイントだけを整理しておきたいと思います。
 
【1】私利私欲という私的精神重視から公利公欲公的精神への転換 自己的人間観・自己中心主義から他己的人間観・他己中心主義への転換
【2】①目先のみ ②自分のみ ③損得のみの3拍子からの脱却 「相対差」から「絶対差」への転換 
思考の四原則」を物差しへ
【3】知識一辺倒・知識至上主義から見識・胆識重視主義へ転換
【4】「経営学」(末学)重視主義から「人間学」(本学)重視主義へ転換
【5】「」(数値)(末学)中心主義から「」(人間性)(本学)中心主義への転換
【6】西欧アングロサクソン追従主義から精神・心重視・全体的・統一的・根本的な概念の東洋的思想哲学への回帰
【7】過去オール善、他者オール善で全てを肯定すること
【8】“現物財”から“創知財”中心主義へ転換
【9】“ワンマン経営”から“チーム経営”への転換
【10】生涯自己啓発・生涯教育・一生勉強の気概を持つ 以上です。知行合一を期待致します。
 
 
 
★ みな様のご意見・ご質問・ご感想をお待ちしております。 yamacon@har.bbiq.jp
 
Home | Category : 人間学 |  Comment  |  Trackback
2015/04/25(Sat)

(No.312) 宇宙の哲理・天地自然の理法体系 (1/4)

  宇宙や大自然には人間の叡智が及ばない哲理や法則や理法が存在しています。今回は、不易・変易・易簡という三つの視点、つまり【Ⅰ】絶対必然の世界 【Ⅱ】相対(待)の世界 【Ⅲ】応用活用の世界と三分類し、又それらを(1)天地・大自然・宇宙、(2)人間と人生、(3)企業経営・国家と領域を三区分に分け、下記のマトリックス表の様に9つの領域に分けて一つずつ考察をして行きたいと思います。 

宇宙の哲理・天地自然の理法体系表
 
【Ⅰ】絶対必然の
世界
不易の世界)
【Ⅱ】相対の世界
 
変易の世界)
【Ⅲ】応用活用の
世界
易簡の世界)
(1)
天地・大自然・宇宙の領域
 
 
 
(2)人間と人生の領域
 
 
 
(3)企業経営・国家の領域
 
 
 
 
【Ⅰ】 まずは絶対必然の世界について
 
古い言葉に不易(ふえき)と言う言葉があります。不易とは不変・変わらない・変えられない世界のことを言います。天地万物の変化の仕方には、一定で不変の変わらない法則があるとの意味です。変わらない法則性がある、変化しないルールがある、人間のわがままが入り込めないという絶対必然の世界になります。
 
今回は不易の世界、つまり絶対必然の世界について大きく三つの領域に分けて考察してみたいと思います。一つは天地・大自然・宇宙の領域、二つ目は人間と人生の領域、三つ目は企業経営・国家の領域です。順番に進めていきましょう。
 
1)天地・大自然・宇宙の領域での不易の世界・・・宇宙観・世界観の世界
 
 一年間には四季があります。春夏秋冬、暦の上では春分、夏至、秋分、冬至といいます。その四季は毎年永遠に繰り返します。一日には朝昼夕晩があります。太陽は一日一回昇り沈んでいきます。月は28日周期で新月・三日月・半月(上弦)・満月・半月(下弦)・三日月・新月を繰り返します。地球は一日一回自転します。365日一年かけて太陽の周りを公転します。これらは変わらない法則性に従って変化しています。これを不易の世界といいます。絶対必然の世界でもあります。
                           
 この様に天地・大自然・宇宙には「宇宙の哲理」が働いています。天地万物はこの理法に従って営みをしています。同時に「天地自然の理法」が存在しています。この哲理や理法は絶対真理であり変えられません。繰り返しますが不易の世界です。我々は哲理や理法が無形で見えないものだから常に意識していないだけであります。
 
137億年前、一握りの素粒子がビッグバンを起こして宇宙が誕生したとのことです。現在でも宇宙は拡大進化を続けているとのことです。科学的にも証明されているらしいです。約46億年前、地球は誕生したとのことです。約40億年前、地球に海ができ、約4億年前、生物が誕生し、海から陸へ移動し、それ以来進化を続けているとのことです。                           
 
地球と太陽の距離は1億5千万㎞(1AU天文単位)とのこと。絶妙な距離を保っているので生物が生存できているとのことです。太陽系惑星相互の引力バランスのお陰であるとのことです。地球・宇宙に関してはまだまだ不明な点がすごく多いものです。天地・大自然・宇宙は「無限」ですが、「地球は有限」の様でありますCo2による地球温暖化が最大課題と言われて久しいです。地球が傷み始めています。宇宙船地球号の危機であります。                           

(次回に続きます)
Home | Category : 人間学 |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top