FC2ブログ
  • プロフィール

    山口一道

    Author:山口一道
    山口経営コンサルタント事務所 代表
    YMCグループ 代表理事
    一般社団法人アジアビジネス連携協議会(ABC) 顧問

    長崎大学経済学部卒
    経営コンサルタント業歴35年超
    人間学・経営学など幅広いテーマに対応 
    リーダーのあり方に警鐘を鳴らし、若手経営者の育成に力を注いでいます。

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード
  • FC2カウンター


2016/09/03(Sat)

(No.383) 思い込みをこわせ (その9)

何事を学ぶにも、「自分」というものが邪魔をしています。大きく分けると二つあります。一つは「自覚のある意識(表面意識・顕在意識)が総て」という思い込み、もう一つが「自分の認識が総て」という思い込みです。

 

  まず「自覚のある意識が総て」という思い込みは、前回にも触れた通り、我々の行動の多くは無意識(自覚していない意識・潜在意識)から生じていることを理解していないために起きます。失敗をした人が自分の非を認めないのは、自覚のある意識で「失敗しよう」とは思っていないからです。実際には、自覚していない意識に失敗に直結する「何か」があったわけで、その無意識が失敗という形になって表れているのです。

 

  自覚のある意識、つまり表面意識・顕在意識だけが総てと捉えているうちは、自分の非を認められないものです。文字通り自分でも一切「自覚がない」状態なのです。その人は将来においては、それを改めない限り、形を変えて同じ失敗を何度も何度も繰り返すことになるでしょう。

 

  ある時、大事な約束に遅れた人がおられました。本人は一応謝りますが「バスが遅れましたので」と言って自分の非は認めません。遅れたのは自分のせいではなくバスのせいだ、ということなのでしょう。本人も大事な約束であるのは分かっていました。

 

詳しく話を聞いてみますと、いつもと同じ時間に自宅は出ていたものの、前の晩に旧友とばったり会って、深夜まで酒を酌み交わしたことを白状しました。大事な約束を守るために、時間的な余裕を持って用心して早めに自宅を出ることはしなかったというわけでした。

 

  大事な約束である「意識」はあっても、「無意識」のうちにどちらが優先されたかになります。本人がそれに気づけば、大事な約束に遅れることはなかったでしょう。

 

  もう一つの「自分の認識が総て」という思い込みは、誰もが共通して持っています。そもそも自分の認識を信用できなくなったら、不安で生きて行くことさえも難しいでしょう。それでも、現実の世界は自分の認識が総てではありません。

 

  最も身近な例で言えば、行きつけのレストランで食事をして美味しく感じなかったとします。「この店は味が落ちたぞ」「今日の料理はまずいぞ」と決めつけるのは早計で、もしかすると自分の体調が悪いだけかもしれません。自分の感じ方が日々変化していることを忘れてしまいますと、「自分の認識が総て」という誤りに陥ることになります。

 

  他の事例の話しに移りますが、私達が山に登るときは、自分がいる山の位置によって周りの視界は常に変化をすることでしょう。山頂にいる人は、天候が良ければ遠くの山々まで見えるし、開けた広い視界を得ていることでしょう。一方で、山のふもとの山麓(サンロク)にいる人は、豊かな木々に囲まれているかもしれません。山頂だから偉く、山麓だから偉くないというわけではありません。私が申し上げたいことは、「その人の立ち位置によって、それぞれの視界や視点がある」ということなのです。

 

  しかし、もし自分の見えている視界や視点が総てなのだと思い込んでしまえば、他の人に見えているものが自分のものとは異なるのだということを全く理解ができませんよねそして我々人間というものは往々にして、自分の視界や視点を相手に押しつけてしまうものであります

 

コミュニケーションや会議などの議論の最中に、意見が対立する時の原因は、なるほどそう言うことだったのですね。それが大きな理由であり、意見の相違や対立が生じてしまうのですね。この現象は実務では頻繁に発生しているのかも?知れませんね。実務とすり合わせしながら読んで頂ければ、どなたも思い当たることが浮かんでくるかも知れませんね。

 

  社長やリーダーは、その立場にあるからこそ、それぞれの視点を持っているものです。同じように、従業員や部下であれば、その立場にあるからこそ、それぞれその視点を持っているものです。要は、お互いに、自分の視点で見ているうちは、残念ですが相手のことを全く理解ができないということなのです

 

「立場が変われば問題が異なる」「問題は立場によって異なる」と言われている通りです。そのために相互に「相手の立場に立つこと(相手の視界を知ること)」が求められているのです。

 

  一般的に、山頂にいる人達は、山麓を通って登って来ていますので、その経験から山麓にいる人達の立場に立ちやすいものです。逆に、ふもとの山麓にいる人達は、未経験の山頂のことを頭の中の想像でしか知り得ません。だから、山頂にいる人達(経営陣や社長)の立場にはどうしても立ちにくいものです。理解ができないし、イメージもできないものです。言葉では何となくわかっているのでしょうが・・・。

 

従って、相手の立場に立つべき人々は、従業員や部下の方ではなくて、組織のトップや上層部におられる社長やリーダー達の側にあるということです。この考え方は会社や組織の中でも十分活用ができる考え方であります。ぜひ皆さん実務でご活用頂ければありがたいと思います。

 

大変残念なことに、いくら厳しく教育しても、本人が自ら取り組む「」にならなければ効果はありません。自ら取り組む者には、まずこの二つの思い込みをこわすことから始めるのが「身につける」上での最短の道になるでしょう。これも「学び方を学ぶ」一つになるでしょう。今回のコラムは少し難しかったかも知れませんね。

 

(次回に続きます)

 

 

 

★ 画面左上のリンクに「カテゴリー別 バックナンバー」を追加致しました。ご利用下さい

 

★ 山口一道 経営コンサルタントのホームページを作成しました。クリックしてご覧頂けます

Home | Category : 人間学 |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top