FC2ブログ
  • プロフィール

    山口一道

    Author:山口一道
    山口経営コンサルタント事務所 代表
    YMCグループ 代表理事

    長崎大学経済学部卒
    経営コンサルタント業歴35年
    リーダーシップをはじめ幅広いテーマに対応 
    リーダーのあり方に警鐘を鳴らし、若手経営者の育成に力を注いでいます。

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード
  • FC2カウンター


2018/06/01(Fri)

(No.471) 片言隻句(へんげんせっく)の魅力に学ぶ (1/2) 

簡潔にして端的な表現のことを片言隻句(へんげんせっく)と言います。論語はもちろんのこと、東洋の古典というのは、簡明で端的な表現を伝統としてきているのです。

 

私淑している安岡正篤先生は、この片言隻句についてこう言われています。「元来、世間の人々は、長編論文なんていうものによって人生を渡るものではありません。大抵は片言隻句で、即ちごく短い、しかし無限の味わいのある真理・教えによって、生きる力を得るのであります」と。

 

また、「我々の生きた悟り、心に閃(ひらめ)く本当の智慧、あるいは力強い実践力、行動力という様なものは、決してだらだらと概念や論理で説明された長ったらしい文章などによって得られるものではありません。体験と精神の込められておる極めて要約された片言隻句によって悟るのであり、又、それを把握することによって行動するのであります」と話しておられます。

 

私は毎週本経営コラムを執筆しておりますが、片言隻句の短い文章だけで成り立っている訳ではないので頭が痛いテーマでもあります。分かりやすく表現しようと思えば、ついつい長ったらしい文章になってしまいます。申し訳ないと思っていながら書いております。

 

安岡正篤先生の、これらの言葉は我々の日常生活を振り返ってみても、まさにその通りだと言うしかありません。人を勇気づけ、その背中を押してくれるのは常に短い言葉なのです。私がいろんな書物から学んだ片言隻句はたくさんありました。そこで今日は、特に心に残っている片言隻句を少しだけ挙げて見ようかと思います。

 

最初に「(わか)くして学べば 壮にして為すあり。壮にして学べば 老いて衰えず。老いて学べば 死して朽ちず」の短文です。1行足らずの文章です。これは佐藤一斎の『言志四録』にある、「三学戒」といわれるものです。有名な文ですから、皆さんも一度は触れられている言葉だと思います。

 

安岡正篤先生著書の『百朝集』に、次の説明があります。以下転記してみましょう。若い者の怠けて勉強せぬ者を見るほど不快なものはありません。ろくな者にならぬことは言うまでもありませんが、まあまあ余程のろくでなしでなければ、それ相応に勉強する志くらいはあるものです。

 

壮年になると、もう学ぼうともせぬものが随分多いものです。生活に追われて忙殺されておる間に、だんだん志まで失ってしまうのであります。そうすると案外、老衰が早くくるのです。いわゆる若朽(じゃっきゅう 若くして朽ちてしまうこと)であります。肉体だけ頑健でも、精神が呆(ぼ)けてしまうのです。反対に能(よ)く学ぶ人はますます妙(みょう 極めて優れていること)であります。但し学も心性の学を肝腎とします。雑学ではだめであります。

 

この様にいう通り、若い時と壮年の時に、努力しなければ、老年にして、徒(いたずら)に傷悲(しょうひ いたみ悲しむの意)せんこと間違いない、之に反して老来(ろうらい 老年になってから)ますます学道に精進する姿ほど尊いものはない、とあります。まさに「三学戒」と同じことを述べておられます。

私が若い頃にこの「三学戒」の言葉に触れた時に、人生とは少年、青年、老年とずっと続くのだが、「人間は死ぬまで勉強して学ばねばいけないのか、へぇそうなのか」と初めて気づきを得て教わったのを思い出します。勉強ぎらいの私が、勉強の大切さを学んだのは、この片言隻句からでありました。ありがたいものであります。

 

(次回に続きます)

 

 

 

★ 経営コラムのカテゴリーの種類は以下の通りです。カテゴリー別に御覧いただけます。

・人間学  ・経営学  ・経営戦略  ・人材育成  ・組織運営 

 

★ みな様のご意見・ご質問・ご感想をお待ちしております。 yamacon@har.bbiq.jp

 

★ 山口一道 経営コンサルタントのホームページ

 
Home | Category : 人間学 |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top