FC2ブログ
  • プロフィール

    山口一道

    Author:山口一道
    山口経営コンサルタント事務所 代表
    YMCグループ 代表理事

    長崎大学経済学部卒
    経営コンサルタント業歴35年
    リーダーシップをはじめ幅広いテーマに対応 
    リーダーのあり方に警鐘を鳴らし、若手経営者の育成に力を注いでいます。

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード
  • FC2カウンター


2018/07/06(Fri)

(No.476) リーダーは「上位目的」を持って国の危機に対処せよ (4/4) 

【では、その対応はどうすれば良いのでしょうか?】

 

2項目に絞って提言をしたいと思います。まず1点目ですが、組織に関する意識を根底から変えるには、多様性ダイバーシティと呼ぶ)を重視するという考え方が決定的に重要であると思います。多様な価値観や経験を尊重する組織に作り変えることが重要になります。目には見えない無形の意識を変えることは時間がとてもかかりますが、こればかりは特例として、国をあげてあまり時間をかけずに意識の転換をして欲しいと思っています。

 

次に2点目ですが、グローバル社会を生きてゆくトップリーダーやエリート達に求められるものは、基本的には五つの軸が必要であります。具体的には「世界観、歴史観、人生観、使命観、倫理観」の五観になります。さらにこれらの五観に加えて「高い志、国民への深い思い、哲学、宗教」などが必要であり、求められております。言葉で表現するといとも簡単でありますが、自覚するとなるとそう簡単ではありません。

 

グローバル社会を生きて、なおかつリーダーとして国や企業を引っ張ってゆくには、常に意思決定を迫られることでしょう。単なる専門的な知識や技術だけでは太刀打ちができないほど難しいものになります。先に述べました五つの軸の五観を身に付けるだけでも、相当の努力が必要になります。リベラルアーツと呼ばれたりします。単なる知識を集めての教養ではなく、広くて深い知識であり見識になります。知見と言っても良いでしょう。

 

具体的にこの2点を解決するためには、学生時代から全員に海外留学の体験をさせることが重要になると私は考えています。留学を義務付けるなどが有効になるかもしれません。日本という島の中だけの生活体験では異民族と触れ合うこともなく、色んな見方や考え方があることを身に付けることができないでしょう。世界を知らない日本人ばかりになってしまう可能性が大いにあります。

 

将来の日本を支える若者達には、ぜひ海外の留学体験をさせて多様性を身に付けさせてはいかがなものでしょうか。そうでもしないことには、多様性を理解したり尊重したり、五つの軸のリベラルアーツを身に付けることは日本人にとって相当大変なことではないでしょうか?

 

この点は大学をはじめ政府に大いに期待したいと思います。費用面の予算の補助を含めて。将来の日本を支える若者に大いに投資して頂きたいと考えています。「若者に投資しない国は、将来決して成長は望めない」、と大昔から言われております。

 

最後に本題のテーマである、「上位目的」についての説明をしておきましょう。対立語は「下位目的」になるでしょう。下位目的とは、自己中心で私利私欲で利己のみで、自分の利益や出世ばかりを目的にした概念になります。これらは自分の野心や野望と言っても良いと思います。小さくて低い目的になるでしょう。

 

それに反して「上位目的」と言う概念は、他己中心で公利公欲を目指し、世のため人のために貢献することを目指し、利他の精神で自己犠牲をいとわない高い志や使命が含まれた概念であります。そんな簡単なものではありません。世の中のリーダー達にとっては是非とも必要なもので、全てのリーダーが備えるべき、凄く高度で高尚な価値観であると考えています。どうか世のリーダーの方々、活学実践を。

 

 

 

★ 経営コラムのカテゴリーの種類は以下の通りです。カテゴリー別に御覧いただけます。

・人間学  ・経営学  ・経営戦略  ・人材育成  ・組織運営 

 

★ みな様のご意見・ご質問・ご感想をお待ちしております。  yamacon@har.bbiq.jp

 

 山口一道 経営コンサルタントのホームページ

 
Home | Category : 経営学 |  Comment  |  Trackback
2018/07/13(Fri)

(No.477) 約20年後の未来予測  (1/2)

現在から約20年後の未来予測をして見ましょう。2年ほど前に厚生労働省が出している「働き方の未来2035」~一人ひとりが輝くために~ というレポートがあります。これを読みますと約20年後の日本がなんとなくわかります。レポートを読むと、「20年後を展望する前に、20年前を振り返ること」「1996年は前年に発表された Windows95ブームで湧いた日本だったが、世界は一気にインターネット時代への大きな変革の幕開けとなった」とあります。

 

20年前にWindows95が出たと考えると、20年間で、ものすごく技術が進化していることがわかります。レポートから面白いところを抜粋いたしますと、以下の項目のようになると思われます。

 

「2035年には、各個人が、自分の意思で働く場所と時間を選べる時代、自分のライフスタイルが自分で選べる時代に変化している事こそが重要である」

 

「2035年には、“働く”という活動が、単にお金を得るためではなく、社会への貢献や、周りの人との助け合いや地域との共生、自己の充実感など、多様な目的をもって行動することも包摂する社会になっている」

 

「誰かを働かせる、誰かに働かされるという関係ではなく、共に支え合い、それぞれが自分の得意なことを発揮でき、生き生きとした活動ができる、どんな人でも活躍の場がある社会を創っていくことになる」

 

「自立した個人が自律的に、多様なスタイルで“働く”ことが求められる。つまり、“働く”ことの定義、意義が大きく変わる」

 

「2035年の企業は、極端にいえば、ミッション(使命)や目的が明確なプロジェクトの塊となり、多くの人は、プロジェクト期間内はその企業に所属するが、プロジェクトが終了するとともに、別の企業に所属するという形で、人が事業内容の変化に合わせて、柔軟に企業の内外を移動する形になっていく」

 

「その結果、企業組織の内と外との垣根は曖昧になり、企業組織が人を抱え込む“正社員”のようなスタイルは変化を迫られる」

 

SNSなどを利用したバーチャルなコミュニティが一段と重要な位置を占めるようになっているのは間違いないだろう」などと書いてあります。

 

この未来予測を読んでどう考えれば良いのかというと、自分が今向かっている方向は時代の流れに合っているのだろうか?ということを考えると良いと思います。このままの状態でやり続けたらこの先は厳しくなるのだろうか?未来は明るいのだろうか?この様に将来や時代の流れを読むことは、我ら経営コンサルタントをはじめ、経営者や事業主にとっては、すごく重要な仕事になります。

 

サラリーマンでも自分の仕事の需要はあるのだろうか?と考えないと仕事は無くなってゆくでしょう。レポートにもありましたが、これからの時代は、時間や場所にとらわれないで、プロフェッショナル同士がプロジェクト単位で仕事をやってゆく時代になってゆきます。そうなると、必要とされるプロフェッショナルなスキルや考え方が必要になります。誰でもできることはAIによって自動化されてゆくでしょう

 

ですから、これからの時代に自分がやっていること、自分が目指している方向が拡大するのか縮小するのか、合っているのか、それとも間違っているのかを考えてみることが大事になってゆくのではないでしょうか

 

そして、間違っていると思われたら、軌道修正をしていってください。いきなり、軌道修正するのが大変ならば、副業でやりながら準備にかかるとか徐々に変えて行くとか、やり方は色々とあるのではないでしょうか。

 

(次回に続きます)




 
経営コラムのカテゴリーの種類は以下の通りです。カテゴリー別に御覧いただけます。

・人間学  ・経営学  ・経営戦略  ・人材育成  ・組織運営 


★ みな様のご意見・ご質問・ご感想をお待ちしております。
 
yamacon@har.bbiq.jp

 

 山口一道 経営コンサルタントのホームページ

 
Home | Category : 人間学 |  Comment  |  Trackback
2018/07/20(Fri)

(No.478) 約20年後の未来予測 (2/2) 

 では、【どうすれば成功することが出来るのでしょうか?】 それは 【成功するためには、巨人の肩の上に立て】の考え方を参考にすることをお勧めいたします。

 

どうすれば、歴史に名を残す大きな結果を出すことができるのか?その方法は、12世紀のフランスの哲学者ベルナールによって、有名な比喩(メタファー)で現わされています。その表現とは、「巨人の肩の上に立つ」という言葉です。この言葉は、Googleの学術論文などを検索するのに特化した「Google Scholar(グーグル・スカラー)」のトップページにも標語として記載されている言葉です。

 

巨人の肩の上に立つ」(Standing on the shoulders of giants)この言葉は、科学者のアイザック・ニュートンがライバルに宛てた手紙のなかで、「私がかなたを見渡せたのだとしたら、それはひとえに巨人の肩の上に乗っていたからです」と書いてあります。

 

この「巨人の肩の上に立つ」というのは、どういう意味かと言えば、「たくさんの先人の知恵、経験、実績を利用すれば、より遠くが見えて、さらなる結果を出すことができる」ということなのです。

 

特に、現代の研究などは、すべて先人の知恵や実績の上に成り立っているものばかりです。この「巨人の肩の上に立つ」という考え方は、ビジネスや人生でも全てにおいて当てはまると思います。世の中には成功法則や結果が出る方法というものが当然存在しています。恐らく数え切らないほど、あるのではないでしょうか?

 

どうすれば幸せになるのか?どうすれば成功できるのか?どうすれば経営がうまくいくのか?どうすれば人間関係が良くなるのか?どうすればモテルのか?どうすれば悟れるのか?どうすれば・・・?この様に思考や悩みは尽きることがありませんよね。

 

最近では、ほとんどすべてのことで、成功する方法は研究され尽くされています。統計データも出ていますし、やり方も決まっています。この先人の知恵や実績を活用するのが重要なのです。これまで、莫大(ばくだい)な時間と莫大なデータから成功法則などは導き出されています。その方法を活用しないで、自分のやり方、自分の価値観でやって、うまくいく可能性はすごく低いでしょう。そこで「巨人の肩の上に立つ」のです。先人の知恵や実績を利用・活用させてもらうのです

 

我々にはゼロからテストをしている時間はありません。すでにわかっている力を利用するだけなのです。あとは、その成功法則や方法を実践するのみなのです。とにかく実践が大事なのです。

 

まとめてみますと、情報化社会の現代は、自分で情報発信をしたり価値を提供することにより、好きなことで生きていけるということになります。昔では考えられなかったようなことが、いとも簡単にできるようになり、昔に比べたら夢のような時代に入っていると言えるでしょう。そのためには、当然、価値が提供できるまでの努力はぜひとも必要になります。GRIT(グリット)と呼ばれる、やり抜く力が必要になります。「本物は続くし、続けるから本物になる」のです。

 

ただ、その努力や実践は、確実に積み重なってゆきます。そして、その努力や実践は「好きなことでなければ続かない」ということがあります。当然、好きなことなら成長するのも早いです。やっていて楽しいし、自分が興味ある仕事なら、モチベーションは湧き出てきます。しかも、その仕事が積み重なって今後、ずっと価値を生み出す資産になっていきます。「コツコツと努力を継続することで力を身に付けよ」ということになります。

 

そう考えると、好きなことをやって自分が得意なことで価値を提供できるようになるということが、これからのAI(人工知能)の時代は、すごく重要になっていくでしょう。誰でもできる労働型の仕事は、どんどん必要なくなっていくでしょう。自分は何が得意で何の価値を提供できるのか?その価値提供は、自分が好きなこと、得意なことをやることが一番なのです自分が好きなことをやることと、ITの活用、この2点が、これからの将来において本当に重要になっていくでしょう


  それらを続けることで、対価として得られるのはお金だけではありません。スキル、実績、人脈などかけがえのない資産を構築することもできるでしょう。

 

いやいやながら、毎日やりたくない仕事をやって、人生の時間と労働の対価として給与を得たいのか?それとも自分が好きなこと、得意なことをやって前述の様な資産を構築していきたいのか?どちらが、長期的な視点で考えてあなたの人生をより良くするのでしょうか?一緒に考えて行ければと思います。ご一考を。

 

 

 

★ 経営コラムのカテゴリーの種類は以下の通りです。カテゴリー別に御覧いただけます。

・人間学  ・経営学  ・経営戦略  ・人材育成  ・組織運営 


★ みな様のご意見・ご質問・ご感想をお待ちしております。yamacon@har.bbiq.jp

★ 山口一道 経営コンサルタントのホームページ  
Home | Category : 人間学 |  Comment  |  Trackback
2018/07/27(Fri)

(No.479) 日本の将来がとても心配です 

  このままでは本当に日本の将来が悲観的になり、思いやられて、「これからの日本はヤバいぞ」ということをご報告して見たいと思います。いろいろなランキングの結果も出ていますが、この中でも特に気になりますのが、次の15項目になります。すべてが最下位のレベルであることに驚いてしまいます。

 

.日本人の労働生産性 最下位(主要先進7ヶ国中)OECD 経済協力開発機構より

.平均睡眠時間 最下位 (100ヶ国中)ミシガン大学より

 

.日本企業の社員の「やる気」 最下位(28ヶ国中)米国ケネクサ社

.仕事のやりがいを感じている 最下位(26ヶ国中)リンクトイン社

.世界の仕事満足度調査 最下位(35ヶ国中)インディード社

 

.自国に対する誇り 最下位(33ヶ国中)英紙エコノミスト

.世界幸福度ランキング 最下位(主要先進7ヶ国中)国連調べ

 

.自分自身に満足している若者 最下位(調査7ヶ国中)内閣府 若者白書より

.将来に明るい希望を持っている若者 最下位(同上) 内閣府 若者白書より

 

10.業務のデジタル化について 最下位(34ヶ国中)ランスタッド社調べ

11.世界のIT投資マインド・ランキング 最下位(21ヶ国中)ガートナージャパン調べ

12.IoTの理解度 最下位(20ヶ国中)Hpe Aruba

 

13.起業活動指数 最下位( 18ヶ国中)経済産業省「ベンチャー有識者会議」より

 

14.教育への公的支出 最下位(34ヶ国中)OECDより

15.大学教育レベル 最下位(49ヶ国中)スイス国際経営開発研究所IMDより  以上の項目です。

 

上の15項目どれもこれも、さんざんな結果であります。これらの結果を見ますと、これらの結果はバラバラではなく関係をしていることがわかります。関係性を見ていきますと、まず、仕事のやりがいを感じていないので、やる気が出ません。日本企業の社員の「やる気」が無いので、生産性が下がります。生産性が下がるので、長時間労働になり、睡眠不足になります。生産性が低い原因としてITに投資していなくてITの活用ができていないからです。

 

当然、経営のやり方やマーケティングの知識が足りていないこともあるでしょう。仕事にやる気がなく満足度も低いので、幸福度将来が不安になるでしょう。この様にすべての項目は、密接に関連しているのが分かります。きちんと意味があるために、関連し合っているのです。偶然の結果ではありません。

 

それでは、どうすれば解決できるのでしょうか?それは、仕事にやりがいを感じて、やる気を出すところからがスタートでしょう。では、どうすれば仕事にやりがいを感じてやる気が出るのでしょうか


  それは、
夢や目標を持つことからがスタートになるでしょうその仕事が自分の夢や目標につながっているとわかれば、やりがいを感じてやる気が出るでしょう。今の時代、その夢や目標がお金だけでは無くなってきています。変化してきているようであります。

 

ITの活用にはじまり、起業したい人、教育、生産性、睡眠時間、仕事のやる気・満足度、自国に対する誇り、幸福度まで、調査対象国や先進国において、繰り返しになりますが、すべてにおいて最下位という結果です。私は悲しいですが、これが日本の現状になります。えっ本当なのですかと、結果があまりにも信じられずに驚かざるを得ないものであります。皆さんも、びっくりなさったことだと思います。また、がっかりもなさったことでしょう。

 

以前の日本は、次の様に、国家イメージランキングでは、2007年から4年連続 1位(20ヶ国中)米国タイム誌。 世界に良い影響を与える国では、2012年度 1位(22ヶ国中)英国BBC放送。 世界競争力ランキングでは、1989年から1993年の5年連続 1位(63ヶ国中)と世界が認める国でありました。

 

だが今は、残念ながらそうではありません。しかし日本人は決して能力が低いわけではありません。むしろ、OECDによる国際成人力調査では、調査項目3分野のうち読解力、数的思考力の2つで1位をとるなど、能力的には世界トップレベルであることが証明されています。

 

しかし、今の日本人は、仕事にやりがいを感じていないし、夢や目標を持っていない人がほとんどなのです。自信がないから、やりたいことをあきらめ、毎日ガマンして生きている人が多いようです。ビジネスだって、やれば高い確率で成功できる能力はあるのに、ITやビジネスやマーケティングの勉強をしていないので、あきらめてしまう人が多いのでしょう。

 

あらゆることをあきらめ、未来への不安ばかり抱えて生きている人が多いというのが、今の日本人の姿なのです。でも、それでは悲しすぎるし、希望を失う人が多ければ、この先、明るい未来を創ってはいけないでしょう。この状況を、なんとかせねばと考えてしまいます。力を合わせて少しでも改善のお手伝いができれば嬉しいのだがと考えております。



★ 経営コラムのカテゴリーの種類は以下の通りです。カテゴリー別に御覧いただけます。

・人間学  ・経営学  ・経営戦略  ・人材育成  ・組織運営 

 

★ みな様のご意見・ご質問・ご感想をお待ちしております。 yamacon@har.bbiq.jp


 
山口一道 経営コンサルタントのホームページ

Home | Category : 経営学 |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top