FC2ブログ
  • プロフィール

    山口一道

    Author:山口一道
    山口経営コンサルタント事務所 代表
    YMCグループ 代表理事

    長崎大学経済学部卒
    経営コンサルタント業歴35年
    リーダーシップをはじめ幅広いテーマに対応 
    リーダーのあり方に警鐘を鳴らし、若手経営者の育成に力を注いでいます。

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード
  • FC2カウンター


2019/01/04(Fri)

(No.502) 21世紀の幸福学が教える「幸せの法則」とは? (1/3)

 人間はどうすれば本当の幸せ、争いのない幸福な社会を実現することができるのでしょうか?今まで、あらゆる哲学者や宗教家、心理学者などがチャレンジしてきたこの問いに、一つの明確な答えを出した人が日本におられます。科学者の立場から幸福についての研究を続けてこられた人で、前野隆司(まえのたかし)氏(1962年山口県生まれ)と言う方であります。

 

慶応義塾大学大学院の教授で、「幸福学の第一人者と呼ばれ、ロボット工学者でもあり、とてもユニークな人物であります。前野氏が導き出された誰もが幸せになれる法則、幸せな社会の創り方について、当コラムにてご紹介をしてゆきたいと思います。

 

実は、私も経営コンサルタントという仕事がら、人間学や人生学の領域においては、「人生いかに生きるべきか、また自他の幸せをいかにして追求すべきか」を研究している者として、大いに共通点があり、私にとっても興味関心の高いテーマであります。

 

物は豊かになったのに、日本人は幸せになってはいないと言うことはどういうことか?

 

日本は小さな島国で資源もありません。だから科学技術の力で新しいものを創り、工業の力で国を繁栄させなければなりません。「物が豊かになれば、国も豊かになるはずだ」、とこの様に国民はみな考えておりました。しかし、前野氏はある時、「科学技術は本当に人々を幸せにしているのだろうか?」という疑問が湧いてきたとのことであります。

 

というのは、生活の満足度についてアンケートを取った結果を分析してみると、日本の実質GDP/人は、過去の50年間の高度経済成長の中で約6倍になっているにも拘わらず、生活の満足度は横ばいのままになっていましたから、前野氏はその結果に愕然としたとのことであります。物はどんどん豊かになってきたのに、日本人の生活への満足度、つまり「幸せ度」は1950年代と最近とでは、比較をした結果、ほとんど変わっていなかったとのことであります

 

前野氏によりますと、「いくら科学者として、良いものを創ったとしても、人々の幸せに貢献していないとしたら、自分はエンジニアとして何をしてきたのだろうか?と足元をすくわれた思いがしました」と述懐なさっておられます。そこで彼は、人間の幸せをしっかりと考えた製品やサービスの設計をしてゆく必要性を痛感し、そのために人間の心、幸せを感じるメカニズムを明らかにする研究に移っていったとのことであります。大学で幸福について本格的に研究を始めたのは、2008年で46歳の時であったとのことであります。

 

【因子分析で明らかになった、幸せになる四つの因子とは?

 

彼はエンジニア出身ということもあり、「幸せ」に関して哲学者や心理学者とは違ったアプローチを試みました。まず彼が取り掛かったのは、世界中の幸せに関する研究を調べることでした。すると「自己肯定感が高い人は幸せである」とか「感謝する人は幸せである」など、膨大な研究結果を得ることができました。

 

しかし「感謝する人は幸せ」の研究であれば「感謝」という観点でしか幸せを捉えておらず、幸せを総合的に捉えた研究は、少なくとも日本では行われていないことに気づいたのです。一つのテーマを掘り下げていくことはもちろん大切ですが、バラバラに研究したままでは、その成果を社会で生かすということは容易ではありませんでした。

 

それなら自分が過去の幸せに関する研究を体系化しようと思い、そのために活用したのが、「因子分析」という手法だったとのことです。因子分析は、多変量解析の一つで、多くのデータを解析し、その構造を明らかにするための手法でした。

 そう言うと難しそうに聞こえますが、統計ソフトを用いれば、因子分析は簡単に行えるとのことであります。具体的には、幸せに関する過去の研究やアンケート結果をコンピュータにかけ、専用ソフトで計算するということを実践されました。

(次回に続きます)

 

 

 

【新年のご挨拶】

 

新年あけましておめでとうございます。当経営コラムも早いもので11年目に入りました。これも読者の皆様方の温かいご支援のおかげと、心より感謝いたしております。

たくさんの方々から、感想や励ましやお礼の言葉などを賜りまして、ありがとうございました。この場をお借りして厚くお礼を申し上げます。

本年も、一心不乱の気持ちで執筆させて頂きますので、ご愛読の程よろしくお願い申し上げます。

Home | Category : 人間学 |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top