FC2ブログ
  • プロフィール

    山口一道

    Author:山口一道
    山口経営コンサルタント事務所 代表
    YMCグループ 代表理事

    長崎大学経済学部卒
    経営コンサルタント業歴35年
    リーダーシップをはじめ幅広いテーマに対応 
    リーダーのあり方に警鐘を鳴らし、若手経営者の育成に力を注いでいます。

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード
  • FC2カウンター


2019/02/01(Fri)

(No.506) 幸せとは一体何だろう?どう認識したらいいのだろうか? (2/3)

  ここで、感謝という感情について少し触れておきたいと思います。

 

感謝とは 感恩報謝 まず気づけ 恩を感じて 恩に報いよ」  この気持ちが感謝の感情です。感謝の念がない人は、不幸な人だと思います。なぜならば、もののありがたみが分からない人だからです。感謝も心で感じたり気づいたりしなければ、感謝にはならないのですね。幸せと同じ様な知覚現象ということなのですね。

 

「人間は 感謝の心 なくなれば 幸せさえも 遠ざかるもの」

幸せの 安全弁は 何だろう? 感謝すること ただのそれだけ」     幸せは感謝と同類の感情です。

幸せの 安全弁は 感謝のみ 現在感謝 ただのこれだけ」 

 

この様に、幸せや幸福とか感謝の感情は、まさに主観的なものであると思います客観的に論じられるものではないのです。幸せと感じられるのか、それとも感じられないのか、それはあくまでも、本人の心の状態にあるのであって、普遍的な基準や条件などは無関係であり、一切ないと言うことになります。

 

その人が物質的にいかに恵まれていようとも、際限のない欲望を追い求めていれば、決して幸せを感じることはできないでしょう。一方、物質的には恵まれずに赤貧の状態であっても、満ち足りた心があれば幸せになれるということです。

 

「思うこと 一つ叶えば また二つ 三つ四つ五つ 六つかしき世や」 人間は欲のかたまりなのです。 

 

東洋思想の教えには「足るを知る」という言葉がありますが、膨れ上がる欲望を満たそうとしている限り、幸福感は得られないでしょう。反省ある日々を送ることで際限のない欲望を抑制し、今あるものやことに感謝して、誠実に努力を重ねていく、その様な生き方の中でこそ、幸せを感じられるのではないでしょうか。

 

「登っても 峠を知らぬ 欲の道 知足知らねば 幸せ来ない」  今あるものに感謝して、満足するから幸せなのです。

 

それでは、幸せとか幸福とは一体何なのでしょうか何のことはないのです。「感謝して生きていることができる人が幸せだった」のです。大昔から東洋思想の教えの根本になります。いくらお金があったって、いくら物があったって、いくら地位があったって、ちっとも感謝できない人は幸福になることはできないという教えなのです。

 

逆に物質的にいくら不自由をしていても、「ありがとう」という感謝の気持ちがあれば、けっこう幸福になれるものなのですね。また楽しくなれるものなのですね。ところで、自分が感謝したところで他人さんは別に喜んでくれるわけではありません。感謝して得をするのは、実は自分ひとり、私ひとりであるということをどうか忘れないで下さいね

 

幸福になるか不幸になるか、自分が伸びるか伸びないか、成長するのかしないのかは、自分の心ひとつなのです。他人じゃないのです。今生きている自分をどのように大きくとらえ、今自分が生きていることに感謝できるかどうか、これひとつなのです。

 

「今朝もまた 覚めて目も見え 手も動く ああ極楽よ この身このまま」  一日を感謝でスタートです。

「目が見える 耳が聞こえる 生きている 命のおかげ 有り難きかな(素晴らしきかな)」  何もいらない、生きているだけで百点満点なのです。生かされているのが本当かもですね。

 

「今の今 命ある今 この今を 感謝せずして 何に感謝か (歓ばずして 何を歓ぶ)」

感謝する だから幸せ 寄ってくる 幸せならば きっと成功    幸せだから成功するのです。 成功するから幸せではないようです。

 

(次回に続きます)

 

 

 

★ 経営コラムのカテゴリーの種類は以下の通りです。カテゴリー別に御覧いただけます。

・人間学  ・経営学  ・経営戦略  ・人材育成  ・組織運営 

 

★ みな様のご意見・ご質問・ご感想をお待ちしております。 yamacon@har.bbiq.jp

 

 山口一道 経営コンサルタントのホームページ

Home | Category : 人間学 |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top