FC2ブログ
  • プロフィール

    山口一道

    Author:山口一道
    山口経営コンサルタント事務所 代表
    YMCグループ 代表理事

    長崎大学経済学部卒
    経営コンサルタント業歴35年
    リーダーシップをはじめ幅広いテーマに対応 
    リーダーのあり方に警鐘を鳴らし、若手経営者の育成に力を注いでいます。

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード
  • FC2カウンター


2019/08/02(Fri)

(No.532) 安岡正篤師に学ぶ運と徳の高め方 (1/4)

  久し振りに、私がメンター(生涯の師)として尊敬しております、安岡正篤氏(明治31年1898年~1983年)に学んでみたいと思います。

 

【倫理的価値観の大切さについて】

 

「法律に触れていないから大丈夫だ」とか「儲かるのかどうか?」ではなく、事業や経営をすることが社会正義に照らしてみて、正しいかどうかを判断基準として事業を行うべきだと思います。よって会社というものは、ただ単に利益を上げれば良いというものではなく、「世のため人のために存在するべきである」というのが私の信念であり、真の志になります。この様に正しい倫理観を持たずに行う事業は、一時的には上手く行っても長続きすることは決してないと思います。

 

私がこの様な倫理的価値観を育む上で、非常に大きな影響を受けましたのが、安岡正篤先生の教えになります。彼は古今東西(ここんとうざい)の学問思想に通じた碩学(せきがく)であり、その卓越した見識・学識を頼って総理大臣までもが教えを請うた人であり、総理の指南番・ご意見番と言われた人であります。

 

昭和20年の終戦の詔勅、玉音放送の草案にも関わられ、政治にも深く関わってこられたばかりでなく、有力な財界人も数多く師事したことで知られた人であります。政財界のリーダーの啓発・教化に務められ、その方々の精神的支柱となった人であります。その教えは人物学を中心として、今日なお日本の進むべき方向を示しています。一口で言えばもの凄い人、人物であります。

 

各種の団体を設立なされ東洋思想、哲学の普及に尽力され、その教えは今なお多くの人々に影響を与え続けておられます。昭和58年の没ですから没後36年が過ぎても、その力は衰えを見せることはありません。

 

私は彼の著書を通じて先生の教えを学んで参りました。長い間私淑して参りました。“自得”(じとく)と言って自らを知ることで初めて大きな仕事が出来ること、良き師と巡り会うことが人間的成長を促すこと、事業を成功させるには“機”を逃してはならないこと、出処進退のあり方がその人の人生を決めること等々、色んなことを学んだことが思い出されます。

 

【古の教えを活学すること】

 

安岡先生の魅力はまず、その教養の広さと深さでしょう。中国古典は言うまでもなく、西洋の歴史哲学にも精通しておられ、あらゆる学問に一家言を持たれた碩学であるということです。その様にして先生の本のお蔭で、それまで表面的にしか理解できていなかった故事も良く分かるようになりました。

 

私は中国古典を単なる教養ではなく、人生において実践する活学として受け止めるようなりました。その本のお蔭で、知識をいかに実践に活かしていくか、つまり活学知行合一(ちこうごういつ)と言うことを真剣に考える様になりました。この活学・実践・知行合一の言葉は本コラムでも良く使っている言葉であります。陽明学の言葉であります。知っているだけではダメで、実践して初めて本当に知ったということになるとの意味になります

 

学問と実践は表裏一体、一如(いちにょ;根本においてただの一つで同じであること)。知識と実践も一如で、二つ合わせて初めて一つのものになり、表裏一体の関係で知識と実践は分離してはいけないと言うことになります。だから「知行合一」という有名な理論になっております。

 

(次回に続きます)

 
★ 経営コラムのカテゴリーの種類は以下の通りです。カテゴリー別に御覧いただけます。

・人間学  ・経営学  ・経営戦略  ・人材育成  ・組織運営 

 

★ みな様のご意見・ご質問・ご感想をお待ちしております。 yamacon@har.bbiq.jp

 

★ 山口一道 経営コンサルタントのホームページ

Home | Category : 人間学 |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top