FC2ブログ
  • プロフィール

    山口一道

    Author:山口一道
    山口経営コンサルタント事務所 代表
    YMCグループ 代表理事

    長崎大学経済学部卒
    経営コンサルタント業歴35年
    リーダーシップをはじめ幅広いテーマに対応 
    リーダーのあり方に警鐘を鳴らし、若手経営者の育成に力を注いでいます。

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード
  • FC2カウンター


2019/10/04(Fri)

(No.541)「原因と結果の法則」を学び有意義な人生を(1/6)

  「原因と結果の法則」という書籍は、今なお世界中で着実に売れ続けているという、驚異的な超ロングセラーの書籍になります。この書は歴史上最も多くの読者を獲得してきた自己啓発書と言っても間違いないでしょう。聖書に次ぐベストセラーだとさえ言われています。

 

ジェームズ・アレンの代表作と言われています。1902年の発表ですから117年前に執筆されています。彼は1864年英国生まれで、1912年に48才で没しています。自己啓発のバイブルと言われる本ですから、私見を加えながら一緒に読んで学んで行きたいと思います。我々すべてが自主的で幸せな人生を歩んでゆきたいと思うからこそ、今回のコラムに載せてみることに致しました。

 

【思いが運命と人生をつくります】

 

思いこれが1つの原因となって、.人格 2.環境 3.健康 4.目標 5.成功5つの結果がそれぞれに表れていて、“思い”と5つの要素それぞれの連鎖関係が成り立っています。また同じく、1.人格(内側内部)2.環境(外側外部)3.健康 4.目標 5.成功という、これら5つの要素が原因となってその人の“運命や人生”を創る(運命や人生は5つの要素の結果であるという)関係も成り立っております。

 

つまり一番最初の行為である“思い”という原因が、その人の“運命や人生結果を創っていくという関係が成り立っているのです。三段論法の関係なのです。どんな人でもその人の“運命と人生”には偶然はなく、全てが必然の結果なのです。これらを名付けて「因果の理法」「因果応報」もしくは「原因と結果の法則」とも呼ばれています。あらゆる事象には必ず原因と結果があるという、宇宙を貫く根本法則の一つであります

 

簡単に表現しますと、「思い原因)」が“で、「行いは“で、「結果は“果実”という関係になるでしょう。以下にポイントを5つにまとめてみたいと思います。

 

1. 思い人格は一つなのです。人格は思いの完璧な総和になります。人格を変えることができるのはあなただけなのです。心の中の思いが私達を創っているのです。私達は自分の思いによって創り上げられているということが原理原則になるのです。まとめますと、人間は“思いの主人”であり、人間は“自分の人格の制作者”であり、“自分の環境と運命の設計者”であるということになります

 

2.“思いと環境について。思いで、環境果実になります。この様に環境はその人の思いから生まれます。“思い”とは“思考のことになります。

 

3.“思いと健康について。健康は、心を守り心を美しくすることでなれるのです。楽しい思いは病気を一掃します。病気を一掃できるのは、決してお医者さんではありません。あくまでも本人の力で一掃ができるのです。お医者さんはただの助っ人をして頂くだけなのです。本人の力で病気は治るのです。思い一つで健康までをも左右してゆくのです。思いと健康は一心同体であります。

 

4.“思い目標が結びつかない限り、物事の達成は不可能なのです目標に向かう力は達成できるという可能思考の“信念から生まれます。“信念”というものは、それほど重要なものなのです。強くしっかりと気持ちを固めて、信じて疑わない心や思いを“信念”と呼ぶのだと思って下さい。短歌で少し振り返りをしてみましょう。

 

何事も 思うことなら 実現す 信念すれば 必ずできる    

信念が 宿願叶う 力なり 信念をもち 確信とせよ 何事も思わなければ実現しないのです。また、その思いに“信念”というパワーを加えないと実現しないのです。     

 

5.“思いと成功について。成功は強い決意と強い心を固定し、欲望、我私欲をどれだけ犠牲にできるかにかかっているのです。また心を高めれば高めるほどより高く、より公正であればあるほど大きな成功、祝福された成功が手に入るのであります。

 

次回からは一つずつ、もう少し具体的に触れてゆきたいと思います。ご期待下さい。

 

(次回に続きます)



★ 経営コラムのカテゴリーの種類は以下の通りです。カテゴリー別に御覧いただけます。

・人間学  ・経営学  ・経営戦略  ・人材育成  ・組織運営 

 

★ みな様のご意見・ご質問・ご感想をお待ちしております。 yamacon@har.bbiq.jp

 

★ 山口一道 経営コンサルタントのホームページ

Home | Category : 人間学 |  Comment  |  Trackback
2019/10/11(Fri)

(No.542)「原因と結果の法則」を学び有意義な人生を(2/6)

  前回に述べましたが、“思い”と1.人格 2.環境 3.健康 4.目標 5.成功 のそれぞれの5つの要素には関係があります。今回のコラムから、一つずつ順を追って述べてゆきたいと思います。

 

1.【思いと人格】について

 
人は誰でも心の内側で考えている通りの人間なのです。古来からの金言になります。人は自分が考えている通りの人生を生きていくものなのです。中でもその人の人格は、その人のあらゆる思いの完璧な総和の結果になっております

 

そもそも、植物は“種”から芽生えてゆきます。また人間も植物と全く同じ生き物になります。「思いが種で、行いは思いの花で、喜びや悲しみ(環境)はその果実」になります。そうやって人間は自分という本人を自分自身が育て、甘いのか苦いのかの、人生という果実を一生にわたって収穫し続けてゆくものなのです。

 

つまり、心の中の“思いや思考”が私達自身を創っているのです。私達は自分の“思い”によって創り上げられているのです。心が邪悪な思いで満ちていると、いつも痛みがつきまとっているものです。心を清い思いばかりで満たすことができたなら、喜びばかりがつきまとっていくものなのです

 

この様に私達の“運命と人生”は、ある確かな法則に従って創られているのです。当コラムのメインテーマである「因果の理法」や「原因と結果の法則」に従っているのです。法則の根本になるのは、「(めい)」の中にある「」とか「数理」と言われています。誰も変えることができないものなのです。

 

「命」は絶対性を表しているからです。偶然でなく全て必然的な結果なのです。目に見える物質の世界でも、見えない心の世界においても常に絶対であり揺らぐことがない真実なのです。世の中すべての事象は、法則に従って循環しているのです。

 

私達は自分自身の“思い”によって素晴らしい人間に創り上げることもできれば、破壊してしまうこともできるということなのです。心という思い・思考する思いという、自身の心という工場の中で兵器も作れるし、穏やかさに満ちた美しい人格を創る優れた道具を創り上げることもできるのです。この様に「自分の心ひとつの使い方で、良くもなれるし悪くもなる」ということなのです。

 

正しい思いを巡らし続けることで気高い人間として向上することもできますし、反対に誤った思いを巡らし続けて獣のような人間へと落下・下降することもできるのです。

 

要は「人間は思いと思考の主人であり、人格の制作者であり、環境と運命の設計者である」ということになるのです。

 

そもそも、“思い”には二通りの主人があります。一つ目は、もし最も弱い、最も落ちぶれた状態にある時は愚かな主人になります。二つ目は「原因と結果の法則」を手にし明確に認識したときから賢い主人になります。その時から自分を知的に管理しながら、豊かな実りへと続く思いを次々と巡らすようになって行きます。また、その時から意識的な賢い主人になり自己コントロールができる人になって行くのです

 

求めよさらば、与えられん」「扉はそれを叩く者に開かれる」という絶対的法則の通りなのです。宿命でなく立命が正しいのです。自分の意志で自主的に運命を開拓して行けるのが人生なのです易経と同じ教えで人生には行き詰まりはないということなのです。日頃、古典に親しみ、活学し人生に活用し実践をすることが重要なのだと思います。

 

短歌を一つ。「人生は 宿命でなく 立命だ 自分の意志で 運命立てよ」で、“宿命観”で諦めの気持ちで生きるのではなく、自分の運命は自分で開拓するのだという“立命観”を持って積極的に毎日を生きてゆきましょう。

 

2.【思いと環境】について 

 

環境は“思いや思考”から生まれるものです。には秘かに抱いているものを引き寄せる力があります。偉大な力になります思い”という“”の全てが同種のものを引き寄せてくれます。遅かれ早かれ“行ない”として“花”開き、やがて“環境”として“実”を結んでくれます。よい思いは良い実を、悪い思いは悪い実を結ぶ様になっているのです。

 

因果は同類に従う」「同気は相求める」と言って善因善果、悪因悪果なのです。外部・外側の世界である環境は心という内部・内側の世界に合わせて形作られているのです。仏教には「思念(因)は業(果)をつくる」とも教えています。

 

人間は想念により形づくられる」「人生は 心ひとつの 置きどころ 良くも悪くも 使い方のみ」(短歌)とも言われています。全てにおいて「原因と結果の法則」が働いており、人生を形作っていくものであります。この世は「因果応報」の世界になります。

 

(次回に続きます)

 

 

★ 経営コラムのカテゴリーの種類は以下の通りです。カテゴリー別に御覧いただけます。

・人間学  ・経営学  ・経営戦略  ・人材育成  ・組織運営 

★ みな様のご意見・ご質問・ご感想をお待ちしております。 yamacon@har.bbiq.jp

 

★ 山口一道 経営コンサルタントのホームページ

Home | Category : 人間学 |  Comment  |  Trackback
2019/10/18(Fri)

(No.543)「原因と結果の法則」を学び有意義な人生を(3/6)

 3.【思いと健康】について 

 

肉体は心の召使い 奴隷 奉公人 使用人であり、肉体は正直そのものであります。肉体は繊細で柔軟な装置であり、繰り返される“思い”に速やかに反応します。あらゆる不安が肉体を混乱させ、混乱した肉体は病気に対して無防備なのです。肉体は心の働きを表す道具、心は気(霊魂)を働かす道具なのです。「肉体と心は表裏一体の関係で二つで一つのもの」です。一円観で眺めて見ると、「心身(身心)一如」と言っても良いと思います。

 

人間とは、宇宙霊ヴリル)と一体化したもので、(魂と呼んでも良い)スピリット、マインド、肉体ボディ、の関係で成り立っています。気(魂)が心と肉体の二つをコントロールしているのです。心が悩み恐れ不安なら、たとえ行動に移さなくても肉体は神経系統(自律神経)がずたずたになり、病気になります。反対に強く清らか・幸せな思いで・穏やかな心だと肉体は活力に満ちた美しい肉体、健康を創り上げます

 

反復しますが、気(魂)肉体の二つをコントロールしています。いかに食生活を改善しても、運動で体を鍛えようとしても、心を改めない限りほとんど効果はありません。しかし常に清らかな思いを巡らせるようになると、人間は自然に体に悪い食べ物を好まなくなります

 

自分の心を、強化し浄化した人はその時から、もはや病気とは無縁になります。もしあなたが自分の肉体を完璧な状態にしたいなら、自分のを大切にして守ることです。肉体を再生したいなら、を美しくすることです。楽しい思いはどんな医師よりも上手に病気を一掃します。楽(たの)しいと正(ただ)しいは一文字の違いですがどちらも本質は同じなのです。(ジョーク・笑い)

 

4.【思いと目標】について  

 

人間を“目標”に向かわせるパワーは、「自分はそれを達成できる」という“可能思考信念”から生まれます。疑いや恐怖(不可能思考である)はその信念にとって最大の敵になります。“思いと目標”が結びつかない限り物事の達成は不可能なのです。繰り返しますが、“目標に向かう力”は「達成できる」という“可能思考の信念”から生まれていくのです。以前にも書きましたが、思い信念というパワーを加えることで何事も実現してゆくのです。以下の短歌に少し触れてみましょう。

 

人間の 潜在力は もの凄い 勇気をもって 信じ切ること      

人間の 潜在力は もの凄い 不可能なんて 決めつけはだめ  人間の力は無限大であるため、限界だなどと決めつけは決していけません。 

思考とは 前向きプラス 積極で 全て肯定 可能思考    「思考の五則」と言います。この歌が自分の思考習慣となる様に、何回も反復することで身に付けることをお勧めします。

 

私達は人生の目標を持たなければ、つまらないことで思い悩み、余計な苦悩を背負ってみたり、ちょっとした失敗ですぐに絶望してしまう傾向にあります。それは弱さのサインであり、誤った行いと同様、たどる工程は異なりますが、私達を失敗や不幸せへと導き続けてゆくのです

 

勇気こそ 常に勝利を もたらして 恐怖は常に 敗北を生む」  という通りです。

心こそ 常に積極 一辺倒 これが出来れば 鬼に金棒心は常に積極的であれです。   

心こそ 常に積極 精神を 爽奮(そうふん)すれば 百廃興る その通りなのです。

 

「因果の理法」「因(心の中)果(人生の結果)の法則」「原因と結果の法則」 の通りです。

 

私達の思いは、目標と勇敢に結びついた時、創造のパワー(動力源)になります。宇宙の働きは、いかなる時も完璧であり、積極と創造と調和の三つを元にして“進化し続けているのです。弱き消極さはパワフルに進化を続ける宇宙内では存続することさえままならないのです。常に積極が正しいのです。

 

(次回に続きます)

 

 

 

★ 経営コラムのカテゴリーの種類は以下の通りです。カテゴリー別に御覧いただけます。

・人間学  ・経営学  ・経営戦略  ・人材育成  ・組織運営 

 

★ みな様のご意見・ご質問・ご感想をお待ちしております。 yamacon@har.bbiq.jp

 

★ 山口一道 経営コンサルタントのホームページ

Home | Category : 人間学 |  Comment  |  Trackback
2019/10/25(Fri)

(No.544)「原因と結果の法則」を学び有意義な人生を(4/6)

  5.【思いと成功】について 

 

人間は、もし成功を目指すなら、自分の“欲望”のかなりの部分を、“犠牲”にしなければならないのです。私達の環境は他の誰のものでもなく私達自身のものです。苦悩も幸せも私達自身の内側から表れます。人間は自分が考えた通りの人物になるのです。「原因と結果の法則」の通りなのです。

 

また強い人間が弱い人間を助けることができるのは、弱い人間が意欲的に助けを求めている時だけです。そしてその時でさえ、弱い人間は自分自身が強くならなくてはいけません。あなたの人格と人生を変えることができるのは、あなただけなのです。自分自身だけなのです。他の人では、絶対にできない仕事なのです

 他力本願ではなく、自力本願が正しいのです。「天は自ら助くるものを助く」と言われるのです。“自助努力の精神”が必要なのです。と同じく、“自己責任の精神”も必要なのです。

 

アドバイスや指導は他人から受けられますが、実践するのはあなた自身なのです。「知行合一」の教えの通りなのです。ここが大事なポイントになるでしょう弱さとは、そもそも自分勝手な“欲望”から発しているものです

 

人間は価値ある物事を達成するためには、例えそれがどんなに世俗的な物事の達成であっても、“身勝手な欲望の中から抜け出さなければなりませんそこを振り払って犠牲にすることです。“積極的な自己犠牲が大切なのです。消極的な自己犠牲では決していけないのです

 

人間は、もし成功を目指すなら、自分の“欲望(全ては無理でも)のかなりの部分、つまり我私欲を犠牲にしなければならないのです犠牲を払う事なしにいかなる進歩も望むことはできません成功はどれだけ強く決意しその計画の上に、いかに強く心を固定するかに加えて、“自分の欲望”をどれだけ犠牲にできるかにかかっているのです

 

そして我私欲を押さえ自分の心を高めれば高めるほど、より気高く、より公正な人間になればなるほど、私達の成功はより大きな、より祝福された、より持続的なものになります。宇宙はたとえ表面的にはどの様に見えようとも、貪欲な人間、不正直な人間、不道徳な人間を決して援助することはあり得ないのです

 

宇宙は、慎み深い人間、謙虚な人間、正直な人間、清らかな人間、勇気ある人間のみを支え援助する様になっているのですあらゆる種類の価値ある達成が、“努力と思いによってもたらされるご褒美になります。自己コントロール、決意、汚れのない思い、気高い思い、正しい思いの援助を得て人間は上昇してゆくのです。

 

人生は 切磋琢磨の 積み重ね 倦(う)まず弛(たゆ)まず 日々の努力だ」 短歌の通りなのです。“勤勉努力あるのみです。倦まず弛まずとは、飽きてイヤになったり、心がゆるむことなくと言う意味です。

 

乾(けん)は元(おお)いに亨(とお)りて 貞(ただし)きに利(よ)ろし(易経・乾為天より)とあります。これは、明るく活動的な人物は何事にも通じ、思いをとげられるの意です。そのためには正しい行為を積み重ねて行くことが大事であると説いています。その通りだと思います。5000年前からの教えです。

 

自己コントロールの欠如、怠け心、汚れた思い、卑しい思い、誤った思いの援助を得て人間は降下します。たとえ実業面の達成であっても、知的精神的な達成であっても、あらゆる達成が明確に導かれた“思い”の結果であり、同じ法則に導かれたものです。同じ行程を経て出現します。“思いと思考”がとなり、“結果と達成”がとなる「因果の法則」の通りなのです。

 

“知識”ではなく、“思いと思考”が大事なのです。思考力で人生・運命が創られてゆくのです。知識は役に立たないのです。それらの知識をベースにして知識一辺倒主義を排して、知恵を出して“見識主義・胆識主義”で人生を進むのが正しいのです

 

成功を手にできないでいる人達は、自分の欲望、我私欲を全く犠牲にしていない人達なのです。人間はもし成功を願うなら、それ相当の“自己犠牲”を払わなければなりません。消極的でなく“積極的自己犠牲”になります。

 
大きな成功を願うなら大きな自己犠牲を、この上なく大きな成功を願うなら、この上なく大きな自己犠牲を払わなければならないのです。お金などはかかりません。ただ私利私欲・我私欲を離れれば良いだけなのです。簡単な実践があるのみで実現ができるのです。「言うは易く行いは難し」かも知れませんが・・・。

 

(次回に続きます)

 

 

 

★ 経営コラムのカテゴリーの種類は以下の通りです。カテゴリー別に御覧いただけます。

・人間学  ・経営学  ・経営戦略  ・人材育成  ・組織運営 

 

★ みな様のご意見・ご質問・ご感想をお待ちしております。 yamacon@har.bbiq.jp

 

★ 山口一道 経営コンサルタントのホームページ

Home | Category : 人間学 |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top