FC2ブログ
  • プロフィール

    山口一道

    Author:山口一道
    山口経営コンサルタント事務所 代表
    YMCグループ 代表理事
    一般社団法人アジアビジネス連携協議会(ABC) 顧問

    長崎大学経済学部卒
    経営コンサルタント業歴35年超
    人間学・経営学など幅広いテーマに対応 
    リーダーのあり方に警鐘を鳴らし、若手経営者の育成に力を注いでいます。

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード
  • FC2カウンター


2020/09/04(Fri)

(No.588) 易という字には、変易・不易・易簡の3つの意味がある(2/2)

 ★ 易の三義について】


 易という字には「変易」(へんえき)「不易」(ふえき)「易簡」(いかん)の三つの意味があります。これを「易の三義」といいます。ひとつずつ解説して参ります。

.【変易】とは?

 春夏秋冬は時々刻々と変化していきますが、春が突然に夏になるわけではありません。春は緩やかに窮まって夏になり、夏は緩やかに窮まって秋になり、秋は緩やかに窮まって冬になります。すべての物事は春夏秋冬と同じで、時々刻々と変化しています。世の中で変化しないものは何ひとつない、これを「変易」といいます。

.【不易】とは?

 大自然は春夏秋冬と変化していきますが、必ず冬の次に新しい春がやってきます。「冬は必ず春となる」とも言います。そして新しい夏、新しい秋、新しい冬と変化していきます。この「変化の法則は常に変わらない」ので、これを「不易」といいます。

.【易簡】とは?

 もし、この原理原則を私たちの人生や経営に応用したら、とても易しく簡単であると言われます。実は易はとても易(やさ)しいので、「易簡(いかん)」とも言います。一見すると難しく書かれているので難解と思ってしまうのですが、実際は原理原則は易しく、誰もが知っているものであったりします。

 

その原理原則をどのような時にどう使うかについて、その兆しについて「易経」には繰り返し執拗(しつよう)に書かれています。徹頭徹尾、時の変化の法則、その原理原則が最初から最後まで書かれていることに感心してしまいます。

 すべてのものは変わる(変易のこと)、そしてその変わり方には「一定不変の法則」があって、その法則は変わらない。(不易のこと)素直に世の中を、あるいは大自然を見れば、すべてのものが教えてくれています。何ひとつ隠してはいません。

 もし、私たちがその法則を素直に見て、素直にわかろうとしたら、それはとてもやさしいし、私たちの人生や経営や、その他さまざまなものに応用するのはシンプルで簡単だというのです。(易簡のこと)

 別の言葉でいえば、「よーく観れば、ちゃんと見えるんですよ」というような意味でもあります。以上の三つの意味を、この「易」という一文字が表していると言うことであります。このことを「易の三義」と言います。

 

 

 

 経営コラムのカテゴリーの種類は以下の通りです。カテゴリー別に御覧いただけます。

・人間学  ・経営学  ・経営戦略  ・人材育成  ・組織運営 

 

★ みな様のご意見・ご質問・ご感想をお待ちしております。 yamacon@har.bbiq.jp

 

★ 山口一道 経営コンサルタントのホームページ

Home | Category : 人間学 |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top