FC2ブログ
  • プロフィール

    山口一道

    Author:山口一道
    山口経営コンサルタント事務所 代表
    YMCグループ 代表理事

    長崎大学経済学部卒
    経営コンサルタント業歴35年
    リーダーシップをはじめ幅広いテーマに対応 
    リーダーのあり方に警鐘を鳴らし、若手経営者の育成に力を注いでいます。

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード
  • FC2カウンター


2011/04/02(Sat)

(No.100) 人生や事業、すべては“志”から始まる (1/4)

 一般的に学問や勉強というと、単に物知りになり部下や周りに教えられるようになるためにするものと思っている人が多いと思われます。かく言う私もその一人でありました。

 「学んで己の無学を知る。これを学ぶという」という名言があります。
 これは真の学問とは何か?に答えた核心をついた文章であります。学べば学ぶほど己の無知を知ることができ、己の力の無さを教えてくれるものであり、学問とは己を知り、己を修めるため、自己を人間的に高めるためにするものであると解釈して良いと思います。学んでみて初めて自分の知識も人格もいかに不十分なものであったかが自覚できるものであります。

 私淑する安岡正篤師によると、「人間を変えるものが本当の学問である」「学問は人を変える。人間を変えるような学問でなければ本当の学問ではない」「その人間とは、他人のことではなくて自分のことである。他人を変えようと思ったならば、まず自分を変えることである」と教えられています。私は、この言葉にふれた時、頭をこぶしで殴られた様でガーンと来たのを今でも覚えています。

 「そうか今までの学問は単なる時務学に過ぎず知識技術が中心で、人間に何等変化はなかったのだ。これからは人間が変化する様な本当の学を志さないといけない」と反省いたしました。それ以降、人間学や人物学に傾倒していったのを思い出されます。

 また学問というものは、現実から遊離したものは駄目で、自分の身につけて、その学問思想をもって自分の性格をつくり、これを自分の環境に及ぼしていくという実践性がなければ活学ではないと言われています。
 
 我々は今後、本当に人間を作り、人物を磨き(人間学や人物学にて)、家庭を作り、社会を作る上に役立つ思想学問をし探究して、これを経営・経済・政治・人生全般に適用していかねばならない。いわゆる、実学活学をやらねばならないと教えを残されております。
 
 どんなにご馳走があっても食べてみないと、そのおいしさはわからないもので、それと同じ様にどんな立派な教え(古典や経書)があっても、学んで(実践)みなければその良さがわからないものです。塩の辛さは舐めてみないとわからないとも言われます。

 また学問をする、勉学に励むという行動は、他人から押しつけられたり、他人に強制してもうまくいくものではありません。しょせん、本人の自覚に待つほかないのであります。
 
 教育とは馬に水をやるのと同じで、馬が喉が渇き、その気にならなければ、飼主が懸命に飲ませようとしても、どんなにおいしい水でも馬は飲んでくれませんつまり、その本人が敏感にしてかつ求めないと駄目なのです。また、コップが横になっていると、いくら水を注いでも内部に入らないのと同じで、コップをしゃんと立ててあげる(志を立てる)ことが大切なのと同じ考え方です。

 しかしながら、せっかくコップが立っていても、もう私は充分で学ぶ必要はないと思っている人や、心を空にできない人や、素直に学びたいと思わない人だと水は注ぐことができません。その状態のままで成長がストップしてしまうのです。
 
 要は学問という行動をなすには、その人の志を立ててあげることがポイントで前に進むか否かの分岐点になるということであります。志を立てることを“立志”といいます。その人の周りの人や師や友や上司、古典に残された昔の聖賢にふれて己を動機付けをすることが重要なのであります。
 
  人間が志を立てるということは、例えて言えばローソクに火をつけるようなものです。ローソクは火をつけられて初めて光を放つものです。同じく人間もその志を立てて初めてその人の真価が現われるもので輝き始めるものです。周りを明るくし隅を照らすことが可能になります。

 「立志照隅」または「一燈照隅」と呼ばれる状態に変化成長していきます。言い換えれば、その場になくてはならぬ人になる、存在価値のある人になるということです。その輪が広がっていき「万燈照国」つまり沢山の人々が組織を照らす、引いては国家全体が明るく照らされる状態に拡大すると言われています。

 経営や組織運営でも同じであります。その輪が波紋のごとく広がり良循環していくのです。反対に、志を立てない人間というものは、いかに才能に恵まれ能力のある人でも(断定するとお叱りを受けそうですが)一日一日がただ何となく過ぎていき、その集積が人生へとつながっていくのです。

 10年で3650日、20年で7300日、人生の折り返しでの40年で14,600日、80年で29,200日、人生を日数で計算してみると味けないというか、残された日数を数えて空しい心になるのは私だけなのでしょうか?「光陰矢の如し」とは良く言ったものであります。
 
 従って、志を立てない状態での毎日毎日の生活は、結局は、酒に酔ってフラフラしながら、ただ夢を見ながら人生を歩いているようなものに過ぎないとも思えます。一回限りの人生を有意義で価値あるものにしたいものです。

 (次回に続きます)
Home | Category : 人間学 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback

コメント ▼


    
Home Home | Top Top