fc2ブログ
  • プロフィール

    山口一道

    Author:山口一道
    山口経営コンサルタント事務所 代表
    YMCグループ 代表理事
    一般社団法人アジアビジネス連携協議会(ABC) 顧問

    長崎大学経済学部卒
    経営コンサルタント業歴40年超
    人間学・経営学など幅広いテーマに対応 
    リーダーのあり方に警鐘を鳴らし、若手経営者の育成に力を注いでいます。

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード
  • FC2カウンター


2013/03/02(Sat)

(No.200) どうすれば組織を より活性化できるのか? (その3)

前回の(1)「指令系統統一の原則」に続き、残りの組織運営の原則について述べていきます。
 
 (2)「統制限界の原則」  二つ目の統制限界の原則について。
 
 この原則はコントロール・スパンとかスパン・オブ・コントロールといいます。一人の管理者が管理できる部下の人数には自ずと限界があり、この範囲を逸脱すると適切な管理ができないことを主張したものです。例えば20人や30人を一人で管理することを想像していただければ意味が理解できると思います。
 
そうかと言って、あまり小さな単位で管理をさせると一対一になり、かえって無駄が発生しますから、「統制限界の原則と無効果性の原則」ともいわれる原則です。では何人ぐらいが適切なのかについては、この限界値は仕事の内容=職種により異なったものになりますから、一概に決めつけることが出来ないものであります。
 
現在は意志決定を早めるために、組織の階層を重ねずにフラットな組織が多いようです。しかし一長一短がありますので自社にあった適切な組織を編み上げる様にして下さい。
 
 (3)「責任明確化の原則」  次に三つ目の責任明確化の原則について。
 
 責任すなわち職務範囲と達成水準を明確に定めることを主張したものです。これを明確にしておかないと、ある2人の職務領域が重なり合っている場合には、お互いに譲り合いをしたり、反対に自分の職務ばかり主張していさかいを起こすなど、職務遂行に支障をきたす恐れがあります。
 
この原則を理解する上において、一つだけ注意を要することがあります。それは、「責任はそれと同じ大きさの権限によって裏打ちされる」ということです。つまり、部下には責任を全うする義務と同時に、失敗する可能性を容認される権限があるという意味であります。
 
責任と権限については別途次回に説明をしたいと思います。
 
 (4)「職務割り当ての原則」  次に四つ目の職務割り当ての原則について。
 
この原則は、以下の3つの基本原則から成り立っています。
       整合性は? 割り当てられた各々の職務は、本来の企業目的に対して整合性のとれたものでな
ければいけません。
 
       能力向上は? 職務割り当ては、個々人の能力向上を考慮に入れて行わなければいけません。
ここで注意を喚起したい事は、あなたは部下に仕事を与える時は、いつも部下の能力が向上するように考えて与えておられるかどうかと言う点です
 
以外とマンネリに陥ってしまって出来ていない人が多いのではないでしょうか?意識もせずに指示や命令を下しているものです。これでは部下や担当者の能力向上は難しいでしょう。仕事を通じて人は向上していくものであります。現状を振り返って見られることを提言したいと思います。
 
 ③ 非重複性は? 割り当てられた職務が、他と不必要に重なり合っていてはいけないということです。
 
 以上2回にわたって述べてまいりました(1)指令系統統一の原則(2)統制限界の原則(3)責任明確化の原則(4)職務割り当ての原則の「4つの組織運営の原則」を満たした組織運営がなされているか否かを、経営者や幹部は常に気をつけていなければいけません。
 
何か一つでも気づきがあれば、即実践で組織の活性化をなされることをお薦めしたいと思います。
「知っている」と「出来ている」とは、全く次元が異なることを思い出して下さい。「知行合一」と言って「本当に知っているとは、実践が伴っている事である」と言う事なのです。
 
   (次回に続きます)
Home | Category : 組織運営 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback

コメント ▼


    
Home Home | Top Top