fc2ブログ
  • プロフィール

    山口一道

    Author:山口一道
    山口経営コンサルタント事務所 代表
    YMCグループ 代表理事
    一般社団法人アジアビジネス連携協議会(ABC) 顧問

    長崎大学経済学部卒
    経営コンサルタント業歴40年超
    人間学・経営学など幅広いテーマに対応 
    リーダーのあり方に警鐘を鳴らし、若手経営者の育成に力を注いでいます。

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード
  • FC2カウンター


2015/02/28(Sat)

(No.304) 社員の価値観を会社の価値観とつなぎ合わせるには? 

  私達が最高価値観に基づいて実行していない場合は、どこかに納得できない部分が残るでしょう。いつも不満足のままで終わってしまうでしょう。そういう人に限って「人生の目的がわからない」と言って悩むものです。そして不満な部分を何か別なところで満たそうとします。その顕著な例が物質主義になるでしょう。
 
自分がインスピレーションや霊感を通して感じた使命を目的に生きる代わりに物で心を満たそうとするのです。人生の基本の生き方は、使命に基づいて目標に向かう生き方の方が、物質を求めて生きるよりは、ずっと生き甲斐のある、また知恵のある生き方なのではないでしょうか
 
サラリーマンにありがちですが、他人の目を気にしながら自分の価値観を捉えようとしてしまいます。
権威者や上司など他人の価値観に従属してしまっていて、自分の最高価値観に気づかないまま生きている人が多いのも事実でしょう
 
  でも、現実の日本の社会では、会社や上司の期待に沿って生きることが美徳とされているのが現実でしょう。そういう環境の中で、最高価値観を身につけるにはどうしたら良いのでしょうか?しかし、その壁は努力によってきっと乗り越えることはできるはずであります。
(自分自身の最高価値観をいかにして見つけるかについては、当経営コラムNo303をご参照下さい
 
どの会社にも経営理念使命というものがあります。もし社員の皆さんが、自分の最高価値観を会社の価値観である経営理念や自分の業務・仕事とつなぎ合わせることができたら、その会社で働くこと、自分の仕事を遂行することが自分にとっての最高価値観を満たすことになるでしょう。
 
  それができれば本人のやる気やりがいモチベーション)は格段に上がり、それに伴って仕事の生産性も向上します。会社も今よりもっと成長発展することが望まれるでしょう。その本人も会社も同時に満たされて一石二鳥で両者共に成長できるわけで、こんなに素晴らしいことはないと思います。
 
  この状態は、会社や上司に従属して自分を犠牲にしているのとはわけが違います。社員本人が自分の仕事や職務が自分の最高価値観を満たすものだと明確に認識することによって、自発的に働きたいという思いや意志や意識が芽生えていくのです。この時、誰かの指図や外部からの働きかけは必要ないでしょう。働くことは本人の意志であり願望だからです。
 
  外から企業を眺めていますと、多くの企業が抱えている課題は、社員がその会社で働くことに充実感や満足感を感じていないことです。そこでリーダーやトップリーダーの方々に提言したいことは、欲求不満を抱えている社員さん達に尋ねてみて下さい。「私達の職場や会社はあなたの価値観をどの様に満たしているだろうか?」と。私はこのコミュニケーションがとても大事だと考えているからです。
 
  社員がもし、欲求不満・フラストレーションを感じているということは、会社の理念や目標とのつながりを理解していないことを意味しています。残念ですが・・・。
 
だからこそ、経営者やトップリーダーの方々がやるべきことは、コミュニケーションを通して、会社と社員の価値観を上手くつなぎ合わせてあげ、社員の仕事や職務へのやる気・やりがいを高めてあげるサポートや支援をすることが非常に大切だと思います
 
ところで、会社と社員の価値観を上手くつなぎ合わせることは、組織内に「共通の価値観」を持たせ、価値観を共有化させるということになります。以前に触れました様に、「組織風土」とは組織の構成員に「共有化された価値観」のことと述べましたが、ずばりこのテーマそのものになります。
 
 価値観とは各人の考え方であり、各人の行動決定の基になるものです。人間観・人生観・使命観・職業観・経営観などと細かく別れていきます。100人おれば100通りの考え方があり行動も違います。組織において個々人の価値観に任せておけば組織力・団結力・結束力・全社のエネルギーや勢いが発揮されないのは当然で、バラバラでは崩壊してしまいます。成長発展どころではないでしょう。
 
   従って、目標や目的達成に向けた価値観の共有化 が大切になるのです。そのためには組織のトップリーダーである社長のリーダーシップが必要不可欠になります。人心の掌握と意志の統一、十分に心を開いてのコミュニケーションとモチベーションがこの上もなく重要になります
 
  もし「共通の価値観 」が形成されてない場合には、組織として共有すべき価値観を明確にすることから始めて下さい。次にそれらの価値観を明文化し、共有すべき価値観として、全組織の末端まで浸透させることが必要となります。
 
  口で言うほど簡単ではありませんが、時間をかけてでも取り組んで頂きたいと思います。「経営理念」や「社員の行動規範」として形になさると良いかと思います。形になった後のフォロー、浸透活動も忘れないで下さい。活学実践を期待致します。
 
 
 
★ みな様のご意見・ご質問・ご感想をお待ちしております。 yamacon@har.bbiq.jp
 
Home | Category : 組織運営 |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top