• プロフィール

    山口一道

    Author:山口一道
    山口経営コンサルタント事務所 代表
    YMCグループ 代表理事

    長崎大学経済学部卒
    経営コンサルタント業歴35年
    リーダーシップをはじめ幅広いテーマに対応 
    リーダーのあり方に警鐘を鳴らし、若手経営者の育成に力を注いでいます。

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード
  • FC2カウンター


2018/05/11(Fri)

(No.468) 人間を滅ぼす、三毒と五鈍使(ごどんし)とは? (2/2) 

   以上の「貪・瞋・痴・慢・疑」(とん・じん・ち・まん・ぎ)の五つが人間を滅ぼすものであると、仏さま(お釈迦さま)は言っておられるのです。仏さまは2500年前からこのお話をされているのです。つまり人間の本質なんて全然昔と変わっていないのです。人間の心とは、絶えずこういう「三毒」(さんどく)と「五鈍使」(ごどんし)に染まっていくものなのです。そして自分の運命を駄目にしているのだと言うことを仏さまはずっとおっしゃっておられるのです。

 

結局、人間の心が人間を滅ぼすということなのです。だから人間にとっては、自分の心は天敵なのです。心を正しい方向に導いていかない限り、人間は運命を狂わせてしまうものなのです。この人間の心を正しい方向に向かわせて行くというのが、人間学なのです。ですから本当の人間学を学んでいかないと、人間の心を正しく育んでいくことはできないということなのです。例えば「あっ、こういう状況の時は、人間は慢心しやすいものだな、これではいけないと自己反省して軌道修正をしていく」その物差しになるものが人間学になります。

 

人を滅ぼすのも、逆に人を高めていくのも結局は人間の心ということなのです。運命を上に高めて進むのも、運命を下に落として下降してゆくのも、心ひとつの置きどころということなのです。心は皆さんが思っておられるよりも、その影響力はかなり大きいものと考えても良いと思います。

 

ここで短歌を一首。「人生は 心ひとつの 置きどころ 良くも悪くも 使い方のみ」なのであります。心は道具ですから道具に使われたらいけません。逆に使いこなさなければいけません。

 

では我々は、どの様にして心を養ったらよいのでしょうか?

 

結論から一言で言いますと、「感謝」をするということです。感謝というのはすごいものなのです。例え、どんなに絶望的な状況の中にいても、その人が本当に心の底から「この絶望的な環境は自分を生まれ変わらせてくれるチャンスなのだ。あぁ、ありがたい」と思うと、その瞬間に絶望的な環境は拝みたくなる様な環境に変わるのです。闇を光に変えてくれるものが「感謝なのです。

 

どんなに嫌な人がいても、その人がひょっとしたら自分を育ててくれるかもわからないと思って、その人に心から感謝するとその人は仏さまになるのです。「あぁ、ありがたい、この人が私を導いてくれる人だ」と思って感謝することです。

 

何があっても「感謝することです。それを続けると人生が上手く進展すること間違いなしです。だから感謝ってすごいのです。だけど人間はなかなか感謝ができません。本当に感謝したら、あらゆる状況を光に変えてしまうのですが、我々はなかなか感謝ができません

 

皆さんも今後、良くも悪くも色々な状況に置かれることでしょう。でもどんな状態の中にいても、本当に心の底から、「あぁ、この環境によって自分は救われる、きっと将来成長できる」と思った瞬間に、その環境は素晴らしい光に満ちた環境に変わってゆくのです。

 

だから、感謝ほど素晴らしいものはないのです。それなのに先述のようになかなか感謝ができません。口で言うのは簡単で易しいものですが、実践するとなると、なかなか難しいのが感謝するという行為なのです


  だから練習をするのです。感謝の練習をするのです。しょっちゅう感謝していたら感謝する習慣ができます。そうしたら自然に、その人に感謝することが身についてゆくのです。何事にもすぐに感謝ができる様になれるものなのです

 

私の体験談をお話しますと、私の場合は、「感謝ノート」を作りまして、毎日、日記の様に書いてゆきました。サブタイトルは「ありがとうノート」と呼んでいました。良いこと嬉しいことに感謝するのは誰でもします。このプラスにだけ感謝するのは良くないのです。マイナスやネガティブや、嫌なことにも同時に感謝する、これが正しいと教わりました。

 

だから、いい面、悪い面二つを含めて感謝することを長い間実践してきました。ノートに書くタイミングは各人の自由にされていいかと思います。何らかの参考にしていただければと思います。実践なされたら、きっと感謝の達人になられるだろうと推察いたします。

 

善いものは善い方向に循環して行くようになっているものです。悪いものは悪い方向に循環して行くようになっているものです。その悪い連鎖を断ち切るのが「感謝する」という行為なのです。だからこそ、これを練習して当たり前にできる様にしなくてはいけないということであります。人生修養の一つであります。「五鈍使」の活学を期待します。

 

 

 

 経営コラムのカテゴリーの種類は以下の通りです。カテゴリー別に御覧いただけます。

・人間学  ・経営学  ・経営戦略  ・人材育成  ・組織運営 

 

★ みな様のご意見・ご質問・ご感想をお待ちしております。 yamacon@har.bbiq.jp

 

★ 山口一道 経営コンサルタントのホームページ

Home | Category : 人間学 |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top