FC2ブログ
  • プロフィール

    山口一道

    Author:山口一道
    山口経営コンサルタント事務所 代表
    YMCグループ 代表理事

    長崎大学経済学部卒
    経営コンサルタント業歴35年
    リーダーシップをはじめ幅広いテーマに対応 
    リーダーのあり方に警鐘を鳴らし、若手経営者の育成に力を注いでいます。

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード
  • FC2カウンター


2018/12/07(Fri)

(No.498)経営者には「ノウハウ追求型」と「マーケティング戦略型」の2つがある(1/3)

  今回のテーマは、すごく重要です。特に、長期的に成功していきたい人にとっては、人生を変えるターニングポイントになるかもしれません。私は、ビジネスに取り組む人には2つのタイプがあると思っています。それは、「ノウハウ追求型」経営者と「マーケティング戦略型」経営者の2つのタイプです。

 

結果を出している経営者は、マーケティングの重要性を知って実践しています。しかし、間違ったマーケティングを実践してしまうと、短期的には成功しても、将来かならず失敗します。つまり結果を出し続けている経営者は総じて「マーケティング戦略型」のタイプなのです。逆に、結果の出し続けられない経営者は「ノウハウ追求型」の人なのです

実は、「戦略的なマーケティングを実践することで、次の様な効果が期待されています。
・右肩上がりに利益が積み上がってゆく 
・売上げが約束されているので安心
・仕組みができていて生産性が高い
・自分でビジネスをコントールできる
・時間が経つほど、どんどん楽になってゆく
・多くの人に喜んでもらえる  など、このようなビジネスを作ることができます。では、あなたはどちらのタイプの経営者になりたいとお考えでしょうか?これから2つのタイプの経営者について、それぞれ見ていくことに致しましょう。

 まず先にノウハウ追求型」経営者について説明をしたいと思います。ノウハウ追求型とは?「ノウハウ」と聞けば、すぐに飛びつく人が、このタイプです。勉強熱心ではありますが、関心の向く先は「最新ノウハウ」や「極秘テクニック」などです。常に「何か良い方法は無いかなぁ」と探しており、いろんな手法に詳しいのが特徴になります。

 

しかし、安定した仕組みがないために、良いときもあれば悪いときもあり、極端に差があります。集客や売上に常に悩んでいます。働いてずっと動き続けないと収入もストップしてしまうため、長い休みはなかなか取れません。仕事から離れられないため、病気やケガは絶対にできません。来年や将来のことを考えると不安になるので、あまり先のことは考えないようにしている人が多い様です。

 

「もうちょっと、何とかしなければ」と心の中では思っていますが、具体的にどうしていいかわからず、またネットで「集客テクニック」を見つけては「すごく勉強になったょ」と満足することの繰り返しです。自由な生活を夢見ていながら、目の前の仕事のことで精一杯で、気がつけば同じ生活を何年も続けています。常に忙しく、常に仕事の不安で頭がいっぱいなので、心が休まることがないと思います。

上の文章を読まれて、どんな感想をいだかれましたでしょうか?あなたの周りにも、こんなタイプの起業家や経営者はおられないでしょうか?

 

実は、かく言う私も35年頃前の昔は、この「ノウハウ追求型」経営者のタイプでした。起業した当初は自分自身でやる作業に追われていました。作業をしたら収益は上がるものの、契約が切れて、いつゼロになるか不安で仕方がありませんでした。クライアント(依頼人)の仕事の消化に追われていてマーケティング活動に注力する時間がほとんど取れていませんでした。

 

会社員の時には、安定して毎月給料をもらえていたので、「また以前の様に就職したほうが楽かもしれない」と考えたこともありました。一言で言って、すごく辛かったのを覚えております。目先だけを見て、仕事をしていたのですね。振り返れば反省ばかりであります。

 

もし、読者の皆様が「ノウハウ追求型」に近い働き方をしているとしたら、この気持ちをわかってもらえると思います。もう1つの「マーケティング戦略型」経営者については、次回のコラムで触れたいと思います。

 

(次回に続きます)



★ 経営コラムのカテゴリーの種類は以下の通りです。カテゴリー別に御覧いただけます。

・人間学  ・経営学  ・経営戦略  ・人材育成  ・組織運営 

 

★ みな様のご意見・ご質問・ご感想をお待ちしております。 yamacon@har.bbiq.jp

 

 山口一道 経営コンサルタントのホームページ

Home | Category : 経営学 |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top