FC2ブログ
  • プロフィール

    山口一道

    Author:山口一道
    山口経営コンサルタント事務所 代表
    YMCグループ 代表理事

    長崎大学経済学部卒
    経営コンサルタント業歴35年
    リーダーシップをはじめ幅広いテーマに対応 
    リーダーのあり方に警鐘を鳴らし、若手経営者の育成に力を注いでいます。

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード
  • FC2カウンター


2019/01/25(Fri)

(No.505) 幸せとは一体何だろう?どう認識したらいいのだろうか? (1/3)

  今回も引き続き、幸せとか幸福について考えてみたいと思います。現代の価値観において一般的に考えられている、幸せの条件とは何でしょうか?それは、健康・衣食住・家財・結婚・家族・仕事・収入・お金・地位・名誉などが挙げられるでしょう。全ては自分の外側にあるものばかりです。それらが揃っておれば、「自分は幸せである」とほとんどの人が考えている様ですね。私も若い時代にはその様に考えており、長い間、生活して参りました。

 

がしかし、それらの幸せの条件は幸せそのものではないのです。「幸せ」を思い違いしているのです。条件が揃っていても幸福を心で感じなければ幸福ではないのです。つまり「有るから幸せではなくて、心で感じるからこそ幸せなのです。要は幸福とは自分の外ではなく内側にあるものなのです。だから幸せとは自分の外に求めることではないのです。逆に自分の中や内側に求めることなのです。その理由は外的条件は人間の思い通りに得られるものではないからです。

 

今回のコラムは、幸せに関する五七五七七の短歌を少しずつ、途中で挿入しながら進めてみたいと思います。

 

幸せは 外ではなくて 内にある 外に求めず 内に求めよ」   ということです。

「知足とは 今あるものに 感謝する 無いものばかり 求めないこと」ちそくとは、足るを知ることです。

幸せは あるものだけを 数えるの 知足知らねば 幸せ来ない」 と言われます。

 「ないものを 数え上げれば キリがない あるものだけを 数えてごらん」 まさに知足の教えです。

 

従って、幸せとは何かを得ることとか、欲しいものを手に入れることではなくて「今の自分が幸せの中にいる」ことを「知ること」、「気づくこと」、「感じること」になるのです

 

 よって、内的条件の整備が必要になるでしょう。心の内容の豊かさ、心を整えることが先決になるでしょう。心の主導権をつくることです。「幸せとは一体何か?」をそれぞれ各人が自分なりに再定義する必要があるのではないでしょうか。

 

幸せは 豪華な中に 求めるな 質素単純 その中にある」 少欲知足で欲を少なくし足るを知ることです。「今の今 歓喜感謝で 生きるのだ それが根本 幸せの道」と言えるでしょう。

 

要するに幸せとは、知覚現象ですから、理性ではなく感性で、過去でなく未来でもなく、今ここの現在瞬間で感じることなのです感情なのです。幸福感 感謝 嬉しい 楽しい ありがたい 喜ばしい 幸せだ ツイている 愛している 美味しい まずい 辛い 悲しい 苦しい イヤだ などと同じ知覚現象のことなのです。

 

幸せは 理性ではなく 感性だ 心で感じ 知覚するもの」     幸せは感性なのです。

「理性では 幸せ感は つかめない 思考ではなく 感情なのだ」    幸せは感情なのです。

感情は 嬉しい楽し ありがたい 常に幸せ 歓喜と感謝  いつも積極的でプラス思考の感情をキープして下さい。

 

プラス思考の感情とは、今ここで現在感謝、現在幸福、現在愉快、現在歓喜を感じる心の働きでプラスで積極的な知覚現象のことなのです。反復しますが、心で感じるからこそ幸福で幸せなのであります。

 

(次回に続きます)

 

 

 

 経営コラムのカテゴリーの種類は以下の通りです。カテゴリー別に御覧いただけます。

・人間学  ・経営学  ・経営戦略  ・人材育成  ・組織運営 

 

★ みな様のご意見・ご質問・ご感想をお待ちしております。 yamacon@har.bbiq.jp

 

 山口一道 経営コンサルタントのホームページ

Home | Category : 人間学 |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top