FC2ブログ
  • プロフィール

    山口一道

    Author:山口一道
    山口経営コンサルタント事務所 代表
    YMCグループ 代表理事

    長崎大学経済学部卒
    経営コンサルタント業歴35年
    リーダーシップをはじめ幅広いテーマに対応 
    リーダーのあり方に警鐘を鳴らし、若手経営者の育成に力を注いでいます。

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード
  • FC2カウンター


2020/01/03(Fri)

(No.554)ノーベル賞の吉野彰氏や他の受賞者に成功の秘訣を学ぶ (1/2)

    商品化が困難とされていたリチウムイオン(充電式)電池の研究開発をいかにして成功へと導いていったのか。2019年ノーベル賞受賞者の吉野彰氏(旭化成名誉フェロー)に成功の秘訣を学びたいと思います。と同時にその他のノーベル賞受賞者にも学びたいと思います。一つでも活学したいと思います。


 吉野氏のあるメディアでのインタビュー時に、研究にかける信条が語られています。テーマは「志ある者、事竟(つい)に成る」でした。その内容の抜粋を下記に示したいと思います。


 質問;(これまでの経緯を踏まえて、優れた研究をするために大切なことは何だとお考えですか?)

 基本的には極めて単純な話です。自分が持っている知識、あるいは技術といったシーズ(種)と、世の中で必要とされているニーズ(必要性)、この二つを線で結びつければいいだけのことなのです。


 ところが厄介なことにシーズもニーズも日々変化して行きます。技術というのは日々進化していくので、昨日まで不可能だったことが翌日には可能になることがあります。

 また、昨日までは世の中で必要とされていたことが、ある別の製品の開発によってわざわざ研究する必要がなくなることだってあります。つまり、動いている物同士をどうやって線で繋ぐかという、非常に難しい問題なのです。

 また、それがどれほど難しいかというと、何か難しいことを表現するのに「針の穴を通す」という言葉がありますよね。実際の研究開発では、ジェットコースターに乗りながら針の穴に糸を通すようなものだと僕は思うのです。

 だからこそ、先ほど話したように五年、十年先のことを先読みできるかが大事になってくるのです。

 目の前のニーズをいくら追いかけても、時間の経過とともにいずれそこからいなくなる。いま見えているターゲットに弾を撃ったところで、研究開発の世界では絶対に当たりません。

 そうではなくて、あっちの方向に向かって撃てば、こういう軌道を描いて当たるだろうと考える。そういう読みが大切ですね。

 

それと、もう一つは、自分の技術です。今はこのレベルでも、いずれこういうことも必要になるだろうと考えて、自分の技術レベルを上げていく。そうやって常に技術を磨き上げることも、研究者にとって大切な姿勢だと思います。

 

質問;(そのような姿勢で歩まれてきた吉野先生にとってのとはなんでしょうか?)

 

それは世の中で求められているものを創り出すということですが、最も大事なことは、そのを実現するための手段をいかにして持つかということになってくるでしょうね。

 

そして、その手段を得るためには、先ほど話したように先読みが大事になってくると思います。と言うのも、例えばマラソンレースは42.195キロと決まっていますよね。どんなにしんどくても、必ずゴールがあるから選手たちは頑張れます。もしその日の天候によって、距離が変わってしまったならばがっくりしますよね。

 

それと同じで、先読みによってゴールを見極め、自分のやろうとしていることは、5年、10年先にはこうなっているはずだという信念を持つことです。そうすればそれがモチベーションの維持にもつながるだけでなく、どんな壁があっても目標に向かって走り続けることができます。

 

僕の経験からしても、必ずゴールがあるという信念があれば、これほど強いことはありません。

 

研究開発の過程では色々と言われましたけど、僕の中では間違いなく将来こうなるから、自分はこの研究開発の道を歩んで行くのだという信念がありました。その信念が僕を支えてくれたおかげで、リチウムイオン電池という世の中に求められるものを創り出すことができたのです。

 

以上が、吉野彰氏が語られた内容になります。我々の日々の仕事や生活においても、参考にして活用できる様な言葉もあったと思います。

 

(次回に続きます)

 

 

【新年のご挨拶】

新年あけましておめでとうございます。当経営コラムも早いもので12年目に入りました。これも皆様方の温かいご支援のおかげだと、心より感謝致しております。

 

昨年は、たくさんの方々から、感想や励ましや、お礼のお言葉などを頂きまして、ありがとうございました。この場をお借りして厚くお礼を申し上げます。

 

 本年も一心不乱の気持ちで執筆させて頂きますので、ご愛読の程よろしくお願い致します。
Home | Category : 経営学 |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top