FC2ブログ
  • プロフィール

    山口一道

    Author:山口一道
    山口経営コンサルタント事務所 代表
    YMCグループ 代表理事

    長崎大学経済学部卒
    経営コンサルタント業歴35年
    リーダーシップをはじめ幅広いテーマに対応 
    リーダーのあり方に警鐘を鳴らし、若手経営者の育成に力を注いでいます。

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード
  • FC2カウンター


2020/07/03(Fri)

(No.580) 「人を育てる」 基本的な見識とは? (1/2)

「人を育てるとは?」「人材育成とは?」という、人間世界においては余りにも大きくて、永遠のテーマについて触れてみたいと思います。このテーマは、今後私達がどの様な思想や考え方で臨むのかで、結果が多いに違ってゆきます。

 

今回は項目別に箇条書きにしてまとめて見たいと思っています。たくさんありますが約20個に絞ってみました。2回に分けて述べてゆきたいと思います。

 

1.  教育とは馬に水を飲ませるのと同じくらい難しい」と言われます。
馬がその気にならなければ、
どんなおいしい水でも飲んでくれません。又その(教育の)必要性を分からなければ押しつけても、さっぱり効果はありませんとの意味になります。

         

2. 企業の力の源泉は人間です。金でも技術でも設備でもありません。事業の活性化は人の活性化なのです。本質は人間に落ちてゆくものです。

       

3.よって「企業は人なり」 「事業は人なり」といわれます。また、“ 人 ”とは“ トップ ”のことであります。中堅中小企業は、社長やトップで90~95%は決定されると言われます。

       

4.企業の強さは人間力の高さ、強さで決まります。だから人間の「質」、人格・人間性を磨くことが肝要なのです。知識や技術の高さではありませんからご注意を。

       

5. 企業は人により栄え、人により滅ぶ」ものです。また、一国は一人を以て起こり、一人を以て滅」ものです。歴史ある名言や箴言を現実の経営に活かすことが大事になります。

       

6.企業力は教育投資に比例します。“未来投資費 ”として総人件費の数%を教育や人材育成に投資して下さい。今後は金の上手な使い方と、時間の上手な使い方で将来が決まります。生きた金と生きた時間を捻出することが重要です。

       

7.「人を正しくせんとならば、まず我を正しくせねばならぬ理なり」と言われます。江戸時代の藤原惺窩(せいか)の寸鉄録より。つまり人を導こうとする指導者とは、まず自分を正しくせねばいけないとの戒めになります。「修己治人」(大学)の教えと同じことを説いています。己を修めてから、次に部下や周りを導いて下さいとの教えです。

       

8.一流会社は創業時から“人づくり ”をします。松下(現在のパナソニック)は、「ものをつくる前に人をつくる」会社といわれ、あまりにも有名です。良いことは真似をすることですね。

       

9.教育の本質は、無限の人間の能力(潜在能力)を“ 引き出す ”ことです。英語で教育はエデュケーションで、語源はラテン語でエデュカーレと言います。意味は“ 引き出す ”の意味です。

 

人間はダイヤモンドの原石」と同じです。磨かなければ決して光はしません。人間とは、磨けばどこまでもキラキラと光る素質があり、磨かなければ原石のままであり、宝の持ち腐れになるとの意味です。切磋琢磨という四文字が良く本質を表していると思います。

       

10. 教育とは“人材開発 ”のことで、今後の企業の存亡をかけた“最重要の経営戦略の一つ ”であります。

 

(次回に続きます)




★ 経営コラムのカテゴリーの種類は以下の通りです。カテゴリー別に御覧いただけます。

    ・人間学  ・経営学  ・経営戦略  ・人材育成  ・組織運営 

 

★ みな様のご意見・ご質問・ご感想をお待ちしております。 yamacon@har.bbiq.jp

 

★ 山口一道 経営コンサルタントのホームページ 
Home | Category : 人間学 |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top