fc2ブログ
  • プロフィール

    山口一道

    Author:山口一道
    山口経営コンサルタント事務所 代表
    YMCグループ 代表理事
    一般社団法人アジアビジネス連携協議会(ABC) 顧問

    長崎大学経済学部卒
    経営コンサルタント業歴40年超
    人間学・経営学など幅広いテーマに対応 
    リーダーのあり方に警鐘を鳴らし、若手経営者の育成に力を注いでいます。

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード
  • FC2カウンター


2010/08/07(Sat)

(No.66) あなたの会社の「組織風土」は好ましいものと言えますか?       -その1-

-ある社長との対話から-
〇 社長:
 うちの会社では、せっかく良質な社員が入社してくれて助かったと思ってましたら、1年も経たないうちに辞めてしまいました。期待していたため、すごく残念な思いをしました。
◇ 私 :
 今回が初めてのケースなんですか?
〇 社長:
 実は思い出してみますと今までにも何回かこの様なことがありました。定着率が悪く、人をつくらねばと思って人を育てる気持ちはあるんですが、なかなか人が育ってくれません。
また、社員の方にも向上心をあまり感じたことはありません。今後どうしたら良いのでしょうか?アドバイスを頂きたいのですが・・・・。
◇ 私 :
 そうですか一度だけではなくて、何回か発生したんですね。かねがね、私が申し上げている「人をつくりなさい。企業は最終的には人が財産だ。人材育成をしない企業には明日はありません」との言葉は、良く社長はご理解なさっている様でしたが、現実はなかなか思うようには進んでいない様ですね。
〇 社長:
 はい。理想と現実は食い違いばっかりです。何か具体的な解決策はないものでしょうか?
◇ 私 :
 じゃもう少しお話をお伺いしましょうか。まず、社長の使命感とか、価値観、経営観などの具体的表現としての経営理念当コラムNo.25参照)は明文化なさっておられますか?
〇 社長:
 数年前に一所懸命頭をひねり、他社の理念を参考にしてなんとか完成させました。
今では当社のホームページのトップに経営理念として掲げてあります。
◇ 私 :
 ほう、それは素晴らしいですね。じゃその経営理念は全社に浸透して、社長の使命感や価値観が社内全体で共有化できているかについては如何でしょうか?組織全体が「同志的結合体」になっているかどうかで考えてみて下さい。
〇 社長:
 ウーン。そう言われてみれば、全然浸透していない様に思われます。私一人で、無い知恵を絞って作成致しましたし、幹部には少し説明しましたが、それ以降は何もそれらしき行動はしておりません。知らない社員も多いかもしれません。私の部屋に額に入れて飾ってあるだけです。
◇ 私 :
 そうですか。残念ですね。経営理念だけが一人歩きをしている状態ですか ・・・・。
今後は何かアクションが必要になられるでしょうね。
〇 社長:
 なるほど、やっぱりそうでしたか。何か対策が必要なのですね。わかりました。
◇ 私 :
 では次の質問ですが。会社の成長発展に向けた活発な意見具申とか、提案とかの動きについては如何でしょうか?
〇 社長:
 そうですね、今まで私に対して意見具申とか「顧客の不満を解消するために、こうしましょうか」などの提案は、ほとんどあったことはありません。全て私が考えて私のトップダウンで販促政策なども実行してきました。もう20年近くこの状態でやってきています。全体的にぬるま湯的というのか、現状に安住しているのか、幹部を見ても、将来に対しての危機意識や問題意識は感じたことはありません。
◇ 私 :
 そうですか、全体的にぬるま湯体質ですか。また、危機感や問題意識が幹部の方々にもあまり感じられませんか。御社は、創業以来、順調に発展を続けられ優良企業だとの外部評価が高いため、危機感が薄いのかも知れませんね・・・・。
〇 社長:
 そうなんでしょうか。今までは何とかやってこれましたが、やはりこの不況でしょう。来期以降、利益が出る保証はこれっぽちもありません。私は危機意識でいつも頭の中は一杯なんですが・・・・。
◇ 私 :
 少し会話を整理してみましょうか。
  ① 良質な社員が入社1年未満で退職された。過去にも何回か同様なケースがあった。
    定着率は悪く、なかなか人が育たない。社員の向上心もあまり感じられない。
  ② 経営理念は明文化されていて、ホームページで対外的には発信しているが、
    内部に対しては浸透はしてなくて共有化はなされていない。
    「同志的結合体」とは呼べない状態。理念だけが一人歩きしている。
  ③ 活発な提案とか意見の具申はほとんど無く、ワンマンでトップダウン方式。
    ぬるま湯体質で危機感や問題意識は感じたことが無い。
 と整理できると思われます。
〇 社長:
 人が定着せずに育たない点、経営理念の件、危機意識の無さの3点にまとめて頂きましたね。
◇ 私 :
 これら3つの課題を、ひと言で表すならば「組織風土」もしくは「企業文化」(コーポレートカルチャー)のテーマといって良いでしょう。
もち論、社長が考えておられることは、「組織風土」が好ましい状態ではないので、なんとか解決をして、好ましいものに改善したいが、との相談になると思います。

 (次回に続きます)
 
Home | Category : 組織運営 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback

コメント ▼


    
Home Home | Top Top